**WELCOME**
☆お立ち寄り頂きありがとうございます♪読み逃げ大歓迎!☆
 

topimage


多飲と毛引きの温度管理

ユキちゃん

簡単に握れるユキちゃん

前回UP同様、ユキちゃんも通院でした

【復習:先月通院以降】
室温の温度が高い→多飲するので、
そこでお休みラック内ではケージ周辺と上部に
水を入れて凍らせたペットボトルをば

このひと月、ユキの多飲は現状維持。
毛引きも悪化しておりません

触視診では・・・
《あ~~水が・・・》

自咬や傷も見当たらず、
体重は30~31gをキープ中だけど、これ以上の体重減はOUT

はい承知しております
毛引き拍車して以降、体重維持のため、
夜もシロちゃん同様、ユキちゃんにもごはん

毛引きと多飲の温度管理について、院長先生と意見交換

毛引きで羽毛や綿毛がないので、通常は保温を考える。
しかしながら、ユキちゃんは365日多飲。
特に25℃を超えると多飲が顕著。
多飲による腎臓への負担を考えると
過度な保温はいかがなものか???

ユキちゃんにとって何を最優先すべきか・・・

飼い主としては
食滞と言う二次被害だけは
どうしても避けたい

今のところ、これで食滞も体重減もないし、
多飲も若干ではあるけど緩和している。
ならば、今後のユキちゃんの保温も
25~26℃キープで良いのではないか

ただしココ最近の寒暖差が10℃。
特に日中は30℃近い日もあり、
お休みする時間に温度が下がっておらず、
そんな日は500mlのペットボトル出動。
最低気温が20℃程度の時は、ビニールカバー。

微妙な調整に季節感はない・・・

これが絶対!!!と言う100%の正しい答えはない。
でも今、ユキちゃんは確実に生きてる
飼い主は全身全霊、ユキを守る





☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



毛引き兄妹の通院でした

マイヤ  

マイヤくん
ほんとは毎月通院なのですが・・・
2カ月飛ばしました

見た目と行動、体重(食事事情)、飼い主事情を考慮したもの

毛引きは今では悪化することもなく、現状維持。

体重は33g、触視診でもこれと言った問題もなく

久しぶりの車にやや緊張???
開口呼吸しておりました
車中、ケージ越しにカキカキさせてくれたのはほんと、珍事件に近い

ただいま、発情モードにて、
飼い主の頭は毎回放鳥時に狙われております。
そして飼い主の指先に必死のアピール。
ごめんね、飼い主はごはんのプレゼントは要らないよ

狙ってます

マイヤ、サザJrにストーカー中

反撃するも、あまりのしつこさに根負け(?)し、
自分たちのケージに逃げ込もうとする事が多いサザJrたち

シロちゃん

シロちゃん

前回通院で発情抑制剤が多めに・・・

若干緩和されたような気もするけど、
触視診では骨盤の緩みを指摘され、さらに発情抑制剤追加

今回新たに、尾脂腺が固くなってるとのこと。
これは、
毛引きのために、周辺の新しく伸びて来た羽の変形のため。
(曲がって伸びてる)

腫瘍ではないので心配しなくて良いです、と院長先生

シロちゃんは簡単に捕獲出来ない子なので、
飼い主、正直なところ尾脂腺までジロジロと見てなかった

最近の北九州は、最高気温26℃前後、最低気温が22℃前後。
日中は良いのだけど、
夜間~明け方の気温が22℃では、ケージ内は25℃弱。
これはシロちゃんにとっては、
食滞を起こしかねないギリギリのライン

2,3日様子を見ていたのだけど、
食滞が起こってからではシロちゃんが苦しい思いをする。
薬は常備しているけど、薬に頼らない方が良い。
ならば先手の対策が一番と、
万一のために外していた保温器具を設置し、夜間はビニールカバー

体重34g前後。
院長先生いわく、痩せすぎてるってわけではないけど・・・

もう少し太っても良いんでしょうけど、
シロちゃんはこれ以上太ると、発情→毛引き。

さじ加減が微妙なので、
飼い主としては神経尖らしているのです



☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



シロちゃん初テントIN

セキセイガールズ

日中の気温が30℃を下回ったとある日。
ユキの投薬の関係上、週一開放の遊び場にて。

綿ロープだけでは趾への負担などもあるだろうと、
止まり木をば。

シロちゃん

背後からだった。
何気に覗くとシロちゃんがいない。

テントから尾羽が・・・

シロちゃん
初めて見たのでちょっと驚いた飼い主。

前回通院の触診で発情突入の兆候があり、発情抑制剤追加となった。

巣箱代わりになっても困るところだけど、
このまま放置

アルム

自分のケージ内のブランコには乗らないのに、
ここはテリトリーのよう。

アルムが発情中で、シロちゃんにちょっかい出すのは相変わらず

夕方放鳥前に
1羽が目の前を羽ばたき・・・

『ユキちゃん

重なった網目であるのに、隙間を器用にくぐって脱走が2度。
脱走箇所は毎度チェックしてるつもりなんだけどなぁ
真似して他の子が覚えてしまう。

これだから窓やドアを開けっぱなしは出来ない

家族全員が気を引き締めなければ・・・


☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



久々にろう膜がブルーへ

ピッチー(1)

ピッチー&ペーター

ピッチーは
我が家初のインコとして、8年前の8月16日お迎え。
この3年間、この日は、同時お迎えだったハイジをより一層想う

セキセイ8歳と言えば、
人間で言えば後期高齢者に近いはず

我が家では
"じいさん"と呼んでいる

ピッチー(2)

6月画像ですが・・・

放鳥場所の隣の部屋へ脱走することを覚え、
続く縁側へ逃避行

メンズセキセイのチーは時々脱走してたけど、
ピッチーが

1度覚えると続く脱走。

『じいさん徘徊しとるがな

ピッチー(3)

なかなか降りて来ないので脚立出動で捕獲。
わりと素直に手に乗る


ろう膜がブルーから茶色へ。
初期のころは換羽で一旦ブルーに戻ったものの、
ここ1年、換羽も関係なし。
ここまで茶色なら精巣腫瘍と思うかもしれないけど、
ピッチーは老化現象と断定しても良い

ピッチー(4)

プチ換羽が来た今月半ば。その後、ろう膜に変化が

画像は24日。
現在はブルーの範囲が広がってます。

久しぶりのブルーのろう膜に
飼い主は喜んでおります
☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



夏の温度管理に試行錯誤

旦那の長ーーーーーーーーい連休が明けました
居ればケージ掃除等、手伝うのはありがたいのですが、
写真撮る暇を与えないのがちょっとね・・・

そんな連休の前にユキちゃんは通院して来ました。

換羽でお疲れモード

画像は7月27日分。
換羽真っ只中だった(と思う

急に吐き散らしたりと心配な中、
本鳥さんはケロッとしてたり・・・

毛引きは今のところ現状維持です。
多飲も抗生剤追加しようがしまいがたいして変わらず。
そこで毎日観察している飼い主の考えを
通院時に掛かりつけ医に伝えた。

ユキは気温26℃を超えると、飲量が増える
これまでいつも膨れてるからと、年中28℃設定としていた。

夏の日中の室内温度は28℃設定。
扇風機で風を循環させている。
ところが夜間はラックに全面カバーのため、
室内温度26℃設定でも中は28℃。
冷たい空気は下に降りるので上段のユキにはちと温度が高い。

そこで実行中の対策

ペットボトルに水を入れて凍らし、
タオルに包んでユキのケージ側と、天井に置く。
(2リットル×2、1リットル×2、500ml×2(2日分)を用意。)
上段に置くので中段もほんのり涼やか

これで平均温度は25~26℃。
夜間の水の減りが違~~う

保温は簡単だけど、夏の温度キープって難しいわぁ


《夏は温度管理が難しいけど、体型もまあOKだし、
いろいろと工夫されるのも良いですね

かわゆいねぇ

時々、カキカキさせてくれるユキ。

可愛いねぇ

飼い主はインコのためなら日々努力は怠らないヨ

☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓