FC2ブログ




「病院・通院 」カテゴリ記事一覧


ピッチー投薬続行

ピッチー(1)

今月も通院組。

先月は念のためさらに抗生剤続投だった。
このひと月は鼻腔がくっきり
とは言え、まだふさがってる状態。

今回は院長先生担当。

《まだ後鼻腔が若干濡れてるっぽいねぇ》

再発してもいけないのでと、
抗生剤継続

お休み&放鳥部屋は
西部屋なので気温が高い日はもれなく暑いのよね
夕方放鳥時はエアコンON。
夜間は保温器具ON。
季節感ないよねぇ

ピッチー(2)

ろう膜の変色も半分ベージュ、半分ブルー。

メンズセキセイ

何か食べ物がないかと
ピッチーが下りてったのを見て
チー&マイヤも続いた。

ピッチーはあっちこち飛んでって
放鳥を楽しんでるように見える

直接飼い主には飛んで来ませんがね


飼い主、実は在宅ワークが思わぬ進展を・・・
戸惑いながらも着実に準備中。
忙しくなって来て、ブログ更新が滞りがちに。
そんな中ですが
お立ち寄り頂く方々に感謝です

ありがとうございます



☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



抗生剤延長

投薬決定日

4月12日。
鼻腔からの分泌物のための抗生剤投与開始。

投薬6日め

投薬6日目。

投薬11日め

投薬11日目。
分泌物も出なくなったけど、

鼻の孔が腫れてる???

投薬24日め

投薬24日目

ちょっと見え辛いけど、
鼻の孔が小さくなって来たっぽい。


盗み食い中

放鳥中、シード入れの蓋を開けたらピッチーは直行


うまし!

《やっぱシードですよ

14日に通院。

綿棒で鼻の孔のお掃除。
後鼻腔は乾いてるけど念のため、
副鼻腔炎に移行しないよう、
もう1ヵ月は抗生剤投与が続く。
この抗生剤は軽めの薬

ピッチーは治りかけてるようだけど、
飼い主は風邪ひくわぎっくり腰気味になるわ最悪
ピッチーと同じく、抗生剤飲んでるよ。

年取ったら治りも遅いねぇ

ピッチー、一緒にがんばろうね



 
☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



ユキ&シロちゃんの定期通院

ユキちゃん

ユキちゃん

ユキはほんとにいろいろあるけど、
秋には10歳。

1月23日から1日の飲水量データを記録中。
プチ換羽でちょこっと増えたけど、
さらに13日より大幅な飲水量へ

毛引き症も併発にて、
温度は25℃以下には出来ない(食滞や体調不良警戒のため)。

データに基づけば、
急激に増えるのは月1で約10日間。

副院長先生、
《ちょっと発情抑制剤を増やしましょう。》

触視診での懸念ではなく、
前月は減らしていたので増やす、ってとこ。

でも、
より一層増えて来たのは何で???
温度なのか薬の副作用なのか???

保温器具の前にいることが少ないので
やっぱ温度かな

25℃以下は怖いんだけど

シロちゃん

シロちゃん

この1ヵ月も食滞のない日々でしたね。

相変わらずアルムが背中に乗るので、
シャチホコ三昧

通院日の数日前にやっとシャチホコが治まった。

《腹筋の緩みは確かに

ゆるゆるではないので投薬も現状維持。
ところが・・・

通院日の夕方より
またまたシャチホコ開始。
おちりがかなり膨れてきたのでヤバイような

阻止のためにアルムとつるむ瞬間を邪魔する飼い主。
さらには
遊びながらのおやつ争奪戦へと誘導

来月下旬には8歳になるんだから
ぼちぼち落ち着いてほしいものです



☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



ピッチーじぃ抗生剤追加

先月より飼い主の懸念も有り・・・
早め通院を決行。

以下、画面向かって左の鼻の孔を比較下さい

ピッチー(1)

2月22日。

ピッチー(2)

3月6日

鼻の孔の大きさが・・・と気づいた頃

ピッチー(3)

3月19日

ちょっと見え辛いですが・・・

何か詰まってる????
時々、ヨーゼフちゃんも鼻の孔がふさがってる事があるけど、
ピッチーに関しては特に気になってた飼い主。
(その後、写真には納まってなくって

目視で毎日見て来たけど、
時々孔はきれいになってたりと要観察だった。

ピッチー(4)

4月2日

ほぼ、ふさがってるっぽい。
ろう膜の角質化ではない

ピッチー(5)

4月12日(通院日)
偶然の半目で人(鳥)相が

孫っちが入学し、ランドセル背負って通学開始。
11時半過ぎが帰宅予定のため、
朝一放鳥を早めに終え、いざ病院へ
(ユキ&シロちゃんも同行)

9時35分到着。待ち時間40分ほど。
11時に病院を出ないと孫っちの帰宅まで余裕なし。
ピッチーとユキorシロは投薬追加(飼い主予感)となるだろうから、
投薬4羽分、時間がかかるはず。

あらかじめ事情を話し、
間に合わない場合は薬は翌日取りに来ると申し出。

今回は副院長先生。

《あらあら~~鼻〇そが~~~》
副院長先生から鼻〇そ発言は似合わないわぁ

《後鼻腔に軽い炎症がありますね》

ブツを取っても治るまでは次から次に出てくるので、
キリがないとの事で取り除くことはせず。

《1ヵ月、抗生剤を飲みましょう

《もうすぐ10歳ですよね・・・
今時、10歳を迎える子は少ないですもんね~》

老鳥になると
投薬においてもとてもシビアなんだとか。

待ち時間もユキやシロの鳴き声に反応し、
診察中も抵抗を試みるピッチー。

普段の様子も伝え、
《この子なりの遊びがあって楽しんでるのね


余生はなるべく好きにさせてる飼い主。

目指せ!10歳超え!

☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



投薬は前日に予約

親子で

ピッチー(父)とマイヤ(次男)。

ピッチーはろう膜の変化もさほどなく、
マイヤの毛引きも現状維持

ただ、ピッチーは歳なのか、
放鳥中、まったりしてる時がある。
ちょっと気になることもあるので
来月は気温も上がってるだろうから、通院の予定

病院へ行く前日に
この2羽分の投薬分をお願いしておき、
翌日のユキ&シロちゃんの通院時に受け取った。

これで待ち時間を短縮。

飼い主の道中は、
九州道の一部工事のための迂回経路と合流する。
朝は特に大型トラックが多いので
病院までは裏道、と言うか、旧道を走る

若い頃と違って
ばばぁな飼い主は安全運転に徹する。

それじゃなくても可愛いインコが乗ってるのに
万一事故にでも遭ったら

乱入

サザJr・プレナだけが下りてきて・・・

気づいたピッチー&マイヤも参加

うちの子たち、♂はビビりが多いのか・・・
そのうち慣れるはず



☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓