「毛引き症 」カテゴリ記事一覧


毛引き歴4年・・・ですねぇ

飼い主、
ぎっくり腰のお次は昨日の胃カメラ。
トラウマな胃カメラも最近では眠りながらの検査。
昔に比べたらはるかに楽でした

マイヤ

毛引きが始まったのは4年前の3月。
マイヤの胸元がどんどんズル剥けになって行くのを見ていて
どうにか止まらんのかいな、といろいろと模索したっけ

現在のマイヤはこれまで同様、
抜く場所マイブームが発生するものの、
4年前のズル剥けにまでは発展しない

覆毛がないので保温だけは365日しっかり管理。

日中は毛引きせず、ほぼ夜中のみ。
これじゃ飼い主、手も足も出ない
ケージにおもちゃ吊るしてもさほど興味持たない。

どうすりゃいいんだ・・・と悩んだこともあった。

放鳥時は自由気ままにとノータッチ

ハコベ♪

左から、マイヤ・ベリル・クララ。

ハコベを仲良く食してます。

シロ&ユキ

シロちゃん、最近また地肌が所々見え始め・・・

人間が感じないような、環境の変化があったのかしら?

他の子と比べてもシロちゃんは
ユキやアルムの後をついて回ったり、飛び回って遊ぶタイプではない。
とってもマイペース。

ユキは今秋で8歳、セキセイJrたちは5月で6歳になるなぁ、と
余生を考慮し、ちょっと前から食生活を見直してた。

そこで獣医師さんと相談を兼ねた意見交換をば

小型インコは足元のものをついばむ習性。
野性下ではシード食。ペレットと言う総合栄養食はない。
かなり前だったけど副院長先生の診察時に、
《現在、ペレット8:シード2が推奨されてます

完全ペレット食のうちの子たち。
この推奨比率が今現在でも有効なら、
大好きなシードをおやつとしてでなく、毎食事での楽しみに良いのではないか?

《食の楽しみを持つのは良い事ですねー》

遊びながらの好物発見が一番良いようだ。
ケージ底網を開放して底に、紙に包んで置いとくは
《あ、ユキちゃんは多尿便だから無理かな》と院長先生。

遊び場ケージで遊ばせるのが一番
投薬がなければ毎日でもOkなんだけど、
やっぱり投薬組にはちと厳しいようです

だからシロちゃんは、
精神安定剤を最終的には無し、としたかった。

今回も減らすことは出来なかった

☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



相変わらず気分で羽を抜いてる?

先月

1月31日のマイヤ。
胸元の綿毛が少ないのがわかるかと・・・

今月

今月のマイヤ。
少なくなってた綿毛が増えてます

先月末以降、飼い主の頭でスリスリがブームだった。
今回は2週間以上続き、長かったな~

現在もたまにやって来る。

今回通院も薬はいつも通り。
精神安定剤抜きになって1年以上経つけど、
これと言った変化もなく、
マイヤはずっとこのままかと思います。

換羽後半

今月半ばのシロちゃん。
換羽後半で頭のツクツクが顕著になって来た頃。

ココ!

今月下旬。
ツクツクはほぼ開いたけど、部分を抜いてますわ

触視診でちょっと痩せぎみかな~と指摘。
胸骨がやや出っ張ってるらしい

シロちゃん、32~33gが理想。
換羽も入ったためか、31g。
でもねぇ、34g超えるとすぐに発情モードになるんだな。

体重のさじ加減が微妙にて、
簡単に体重を増やすのはちと困る。
そして食滞を起こしやすいので毎回分の量を多く出来ない。

回数をもう1回増やすしかない

飼い主、がんばって調整し、
昨日付でシロちゃんは33gになりました






☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



過保護と言われようがうちはこうなの

アルム@セキセイのケージに近づいただけで
ビビビッと怒られ、
ケージ網に指先入れたらビビビビーーーッと、
指先をマジ噛みされる飼い主って・・・

シロちゃん(1)

シロちゃん

サザーズの遊ぶものに興味があり、
麻紐カジカジをするようになりました。
サザは解かれた紐の端を狙う。
しかも逆さまぶら下がり
シロちゃんは巻き付いた箇所をカジカジ。

シロちゃん(2)

放鳥一番、ヨーゼフちゃんのケージ内のボレー粉を食べる。

前回通院時では毛引きが多かったため、
精神安定剤を減らさず・・・
今回までの毛引き状態は現状維持。

骨盤の開きはないけど、腹筋ゆるゆる~~
発情モードへ移行しそうな予感もあり、
様子を見るべく、今回も投薬減にならず

温度管理だけは出来てたと思う。
食滞なし

マイヤ(1)

マイヤ。毛引きも現状維持。

飼い主の頭ブームが絶好調
指先にジャブでエグエグ開始。

お気持ちだけ頂きますわ

マイヤ(2)

一心不乱に飼い主の手にご挨拶

放鳥中のマイヤはじっとしてない。
元気だねーー

マイヤは覆毛がないにも関わらず、
ケージ内温度は22~24℃でも食滞起こさず。

22℃以下になると保温器具の側に居るので、
彼の適正は23~24℃かな。

今冬から、
日中用のメタルラックには囲ってたビニールカバーなし。
部屋のファンヒーターの温度も16~18℃と低め設定。
(サザは保温無し。)

各ケージ内温度の確認だけは怠れない飼い主です。

過保護と言われようが過干渉と言われようが、
これがうちの子たちの環境です





☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



ストレス満載な日々を何とか乗り切ったね!?

シロちゃん(1)

リノベーション中は若干毛引きに拍車が・・・
それでも胸元はこれ以上はひどくならずで済んだシロちゃん
慣れない放鳥場所も今じゃ馴染んで来たみたい

シロちゃん(2)

飼い主多忙すぎて留守をすることが多く、
ケージ内保温しているとは言え、
留守中は部屋のファンヒーター切ってるので
ほんとに保温出来てるのか心配だった

今月は22日に通院。
徐々に投薬減していたのだけど、
今回の毛引き増の原因はリノべのストレスが強いと思ってるので、
投薬減せず現状維持

マイヤ(1)

マイヤ。
換羽も重なり、若干抜いてましたわ

マイヤ(2)

胸元縦ラインが・・・
ツクツクも出て来た頃。
このままひどくなりませんようにと願う飼い主でした。

マイヤ(3)

現在、ツクツクが開いて、
ボディの綿毛も増えました

マイヤのおちり

おちり周辺も綿毛に覆われて、
やっとここらへんの綿毛を抜くブームが去ったようです


一昨日から同居開始した私の祖母。
ひとり暮らし解消の次女も来月半ばには同居。

人間が増えるのでまたまたインコたちにもストレス掛かるはず。
でも、これは慣れて頂かないとどうしようもない




☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



投薬減でもOKです!

シロちゃん♡

シロちゃん、素直に肩に乗る

先月から精神安定剤を徐々に減らし始めた。
この1か月間、これと言った変化はない。
一番心配な食滞もなく、いたって元気

今回通院時にさらに投薬1種減らしました。

実はですね・・・

これまでに精神安定剤やサプリが、最大6種類だったんですよ。
前々回の通院で初めて知った

以前は薬の添付書をくれてたのですが、
そう言えばココ数年、もらってないわ

薬を増やす=種類を増やす、だったのね・・・

今回は、シャチホコりが顕著なので
発情抑制剤を増量しました。

あんだけシャチホコってもお玉騒動がないのが救い

マイヤ(1)

マイヤさん、飼い主の頭ブームに翳りが・・・

最近、チーちゃんとつるむのが多くなった

マイヤ(2)

↑ 今月初めの換羽でお顔が貧相になりかけた頃。

翼~背中の綿毛が
成人式の晴れ着に着けるあのふわふわの肩掛けみたいな

一時期おちり周辺の毛引きブームが続いてたけど、
最近、おちりがむき出しが改善へ向かう

朝晩の気温差が大きい昨今。
特に毛引き症のこの2羽においては温度管理徹底。

そんな中飼い主は、孫の風邪をもらってダウン
くしゃみと咳で痛めていた腰を追撃

今、寝込む暇なんてないのにさ

早めの病院で何とか解熱。

熱があっても放鳥だけは何が何でもやる。
って、そんな時は熱が出ない

これもインコパワーかな


☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓