「毛引き症 」カテゴリ記事一覧


過保護と言われようがうちはこうなの

アルム@セキセイのケージに近づいただけで
ビビビッと怒られ、
ケージ網に指先入れたらビビビビーーーッと、
指先をマジ噛みされる飼い主って・・・

シロちゃん(1)

シロちゃん

サザーズの遊ぶものに興味があり、
麻紐カジカジをするようになりました。
サザは解かれた紐の端を狙う。
しかも逆さまぶら下がり
シロちゃんは巻き付いた箇所をカジカジ。

シロちゃん(2)

放鳥一番、ヨーゼフちゃんのケージ内のボレー粉を食べる。

前回通院時では毛引きが多かったため、
精神安定剤を減らさず・・・
今回までの毛引き状態は現状維持。

骨盤の開きはないけど、腹筋ゆるゆる~~
発情モードへ移行しそうな予感もあり、
様子を見るべく、今回も投薬減にならず

温度管理だけは出来てたと思う。
食滞なし

マイヤ(1)

マイヤ。毛引きも現状維持。

飼い主の頭ブームが絶好調
指先にジャブでエグエグ開始。

お気持ちだけ頂きますわ

マイヤ(2)

一心不乱に飼い主の手にご挨拶

放鳥中のマイヤはじっとしてない。
元気だねーー

マイヤは覆毛がないにも関わらず、
ケージ内温度は22~24℃でも食滞起こさず。

22℃以下になると保温器具の側に居るので、
彼の適正は23~24℃かな。

今冬から、
日中用のメタルラックには囲ってたビニールカバーなし。
部屋のファンヒーターの温度も16~18℃と低め設定。
(サザは保温無し。)

各ケージ内温度の確認だけは怠れない飼い主です。

過保護と言われようが過干渉と言われようが、
これがうちの子たちの環境です





☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



ストレス満載な日々を何とか乗り切ったね!?

シロちゃん(1)

リノベーション中は若干毛引きに拍車が・・・
それでも胸元はこれ以上はひどくならずで済んだシロちゃん
慣れない放鳥場所も今じゃ馴染んで来たみたい

シロちゃん(2)

飼い主多忙すぎて留守をすることが多く、
ケージ内保温しているとは言え、
留守中は部屋のファンヒーター切ってるので
ほんとに保温出来てるのか心配だった

今月は22日に通院。
徐々に投薬減していたのだけど、
今回の毛引き増の原因はリノべのストレスが強いと思ってるので、
投薬減せず現状維持

マイヤ(1)

マイヤ。
換羽も重なり、若干抜いてましたわ

マイヤ(2)

胸元縦ラインが・・・
ツクツクも出て来た頃。
このままひどくなりませんようにと願う飼い主でした。

マイヤ(3)

現在、ツクツクが開いて、
ボディの綿毛も増えました

マイヤのおちり

おちり周辺も綿毛に覆われて、
やっとここらへんの綿毛を抜くブームが去ったようです


一昨日から同居開始した私の祖母。
ひとり暮らし解消の次女も来月半ばには同居。

人間が増えるのでまたまたインコたちにもストレス掛かるはず。
でも、これは慣れて頂かないとどうしようもない




☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



投薬減でもOKです!

シロちゃん♡

シロちゃん、素直に肩に乗る

先月から精神安定剤を徐々に減らし始めた。
この1か月間、これと言った変化はない。
一番心配な食滞もなく、いたって元気

今回通院時にさらに投薬1種減らしました。

実はですね・・・

これまでに精神安定剤やサプリが、最大6種類だったんですよ。
前々回の通院で初めて知った

以前は薬の添付書をくれてたのですが、
そう言えばココ数年、もらってないわ

薬を増やす=種類を増やす、だったのね・・・

今回は、シャチホコりが顕著なので
発情抑制剤を増量しました。

あんだけシャチホコってもお玉騒動がないのが救い

マイヤ(1)

マイヤさん、飼い主の頭ブームに翳りが・・・

最近、チーちゃんとつるむのが多くなった

マイヤ(2)

↑ 今月初めの換羽でお顔が貧相になりかけた頃。

翼~背中の綿毛が
成人式の晴れ着に着けるあのふわふわの肩掛けみたいな

一時期おちり周辺の毛引きブームが続いてたけど、
最近、おちりがむき出しが改善へ向かう

朝晩の気温差が大きい昨今。
特に毛引き症のこの2羽においては温度管理徹底。

そんな中飼い主は、孫の風邪をもらってダウン
くしゃみと咳で痛めていた腰を追撃

今、寝込む暇なんてないのにさ

早めの病院で何とか解熱。

熱があっても放鳥だけは何が何でもやる。
って、そんな時は熱が出ない

これもインコパワーかな


☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



多飲多尿に加え、毛引き症確定

何か?

とうとうユキちゃん・・・

先月末の通院日前から換羽突入でした。
すでにおちり周辺は綿毛がなく、
獣医師さんからも『毛引きだよね』、と言われ、
飼い主は、この換羽で拡大するのではないかとヒヤヒヤしてましたよ

この換羽、
それはそれはド派手だったのですわ

覆毛はほんとに換羽で抜けたもの。
でも綿毛が丸まった状態で落ちてるのが顕著。

抜いてるな・・・

おちり(1)

保定して撮ったおちり。

綿毛がないので多飲多尿便が総排泄腔にこびりつき、
多飲のため、そのうがパンパンで
その重みで止まる際の体重の掛け方が違うので周囲の覆毛も汚れてます
(足の裏の傷も治りません

おちり(2)

下からアングルで状態がはっきりとわかります

でもね・・・

これで飼い主が毛引き症と完全確定わけではないのです。

なかなか証拠写真が撮れないけど、
拙い文章力で伝えられるかどうかですが

飛行中や羽を広げた際に見てしまった。
その翼下の綿毛がないのです

幸い、筆毛は抜いてないので今のユキは綿毛狙いか・・・

この毛引きがひどくなって来た頃、
あんだけ飲んでた水の量が25cc前後まで減ってます。

ユキの多飲は精神的なものだったのか???

かじり倒していた柔らか木材片は今はまったく興味がない

綿毛がないので寒いのでしょう。
保温器具に張り付いてます。

さて、次回通院時には精神安定剤やサプリ投薬、となりそうですが
飼い主は拒否の予定。

多飲も絡んでいるので
獣医師さんとの意見交換でどうなるか・・・

ユキちゃん!
飼い主と頑張ろうねーー


☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



精神安定剤の減量開始

シロちゃん(1)  

先々月に投薬が変更し、
副作用?で眠ってる事が多く、食滞も発生。
先月通院では、投薬量を変更し様子見も、
眠ってばかりや食滞は一切なし

毛引きに関してはさほど変化なし。

シロちゃん(2)

放鳥時=ケージ掃除。

セキセイガールズは、まずは床を徘徊して拾い食い
シロちゃん、この後は目線の先の止まり木へ。

今回の担当医は院長先生。
飼い主の思考を伝えた

過去3回、シロちゃんの投薬変更、追加(増量)した月は、
毛引きに拍車や体調変化が見られたこと。

マイヤは1年以上、精神安定剤やサプリは使っていない。
それでも現状は変わらず。
ならばシロちゃんも一度薬から離れて様子を見るのも良いのではないか

なぜ精神安定剤やサプリを投与するのかは、
その薬で毛引きが治った、と言う報告例があるから、と。

以前もそうおっしゃってましたよね~~

通院時は飼い主、毎回質問だらけで特に院長先生担当時は、
学会での最新情報などを教えてくれるので助かる 

前々回追加した薬を今回よりカット。
他の薬も徐々にカットし、無投薬期間を作ることになった。

そして兄・マイヤ。

マイヤ(1)

飼い主の頭に乗ってスリスリブーム到来

マイヤ(2)

毛引きは現状維持。

シロちゃんよりは綿毛があるので、保温もシビアにならず。
それでも最低でも24℃はキープしたいマイヤ。

うちのインコたちは
天気の良い午前中は網戸越し日光浴し、
保温組もビニールカバー外しての網戸越しの風に当てる時間を長くしてます。

日光浴が毛引きを助長すると言う説もあるようですが、
自然の光や風が
インコには一番の薬と思っています



☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓