「巣引き(サザナミインコ)2014 」カテゴリ記事一覧


いろいろあったけど、巣引き完了

アトリ&ルチル 

14日の朝、5号を巣上げし、巣引きが完全終了しました。

私がショックのあまり、情緒不安定となり、
いまだ引きずっていますが、かなり立ち直っております

こんなに引きずるのは、
2号がチップを掛けられていたことで
インコ界の節理を目の当たりにした事だと思うのです


経験を重ねることで、気持ちの切り替えも早いのでしょうけど、
慣れるほど私は巣引きはしません。


巣引き前のケージに戻し、普通の日常生活が始まりました。
アトリ
はすぐに慣れたのですが、ルチルが・・・

止まり木で羽繕いし始めた午後、
5羽を孵化させ、3羽を飼い主に託してくれたお礼に、
スイカをあげました

アトリルチル、お疲れ様でした。
そしてありがとね

1号 

1号・孵化後15日。
42.5g。

3号 

3号・孵化後14日。

そのうにごはんが入っていたので空っぽになっての体重は
40.5g。

5号 

5号・孵化後14日。

今は1.3号の羽が伸びて来て、どちらもグリーンのようです。
3号の方が色が薄いような気もする・・・

1号の挿し餌量が1回5g前後とあまり食べないので、
体重は3号が逆転

それでも確実に増えているけど、
2号のことでシビアになってるので、
個体によって違うとは言え、気になって気になって・・・


2,4号の分まで大きくなってね




サザナミインコ・2014巣引きはこれで完結です。

挿し餌などの心配事もあるので、手放しで喜べないのですが、
心新たに育雛に励んでいます。

ご訪問いただいた方々、アドバイスをいただいた方々、
そしてご心配いただいた方々にも
深く深く、心より感謝申し上げます。

ありがとうございました


☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



頑張ってくれた2号、4号の隣で眠る

1号

4号がお☆様になってたこの日の朝、
1号の体重を見て、夕方に巣上げ決行。

2号(1) 

2号は10日朝(孵化後15日)には体重が40g超えだったので、
夕方に巣上げしました。

巣上げ直後、1号の入っている巣上げ用水槽に移し、
他インコーズを順次放鳥していた。

時々、様子を見に行ってはインコーズのお世話。

放鳥終了後、覗いたら、敷き詰めているチップに
フンにしては???
そばの2号がオエオエオエ~~と嘔吐している。

まだ挿し餌もしてないので、嘔吐物は親からもらったごはん。
嘔吐物も持参し、速攻病院へ。
夕方4時からの診察がある日で良かった。
そのう検査で菌が多かった・・・

抗生剤投与にはちょっと日齢が浅いけど、
挿し餌をして吐くようであればと、一応薬をもらって帰った。

そのうがほぼ空になったのを見て、
(嘔吐してるのでさほど入っていない)
挿し餌一口で嘔吐。間を開けて一口で嘔吐。
3口目には一気に吐いた。

すでに病院は閉まっていて電話もつながらない。
親鳥のブリーダーさんと鳥友さんにアドバイスをいただく。

とにかく受け付けないので、一口でも食べてほしいから
夜通し2時間毎の挿し餌をする。
でも食べない・・・
スプーンをくちばしにつけただけで嗚咽。
とにかく翌日の朝一、病院へ行くから、朝まで頑張れ!!!

そのう炎になったことで
ちょっとお疲れモードではないかと、
親鳥の検査もと思い、サザ一家を病院へ連れて行った。

万一の場合は4羽育てるつもりでいた。

親鳥はそのうはきれいでした!
筋力も体重も申し分ないのでこのまま育雛続行。
他ひなっぴーずは触視診ではOK。
4号はもういないけど、5羽も育てていて、
みんな体格も良いので親鳥は確実に育雛をやって来た証。
そして2号は、いったん親鳥に任せると言う結論に至った。

そのう炎は2号ちゃん自身の問題で
2号は吐き止めとブドウ糖、抗生剤入りの注射。

もし、早い段階で巣箱内で吐いていたのなら
こんな立派な体格ではなかったはず、と。。。
巣上げ直後だったものの、、
偶然にも発見出来たのだろうと言われました。

巣箱内が激汚れのため、敷き藁交換と、巣箱内の簡単な掃除。
カビがすごかった
きれいになった巣箱に、2号と5号を入れて親鳥にバトンタッチ。

お昼頃、巣箱の中で鳴き声したので、ごはんもらってるんだな、と思ってた。
けど違ってた・・・

夕方、巣箱を開けると
目の前に敷き藁代わりのウッドチップが2号に盛られている。
事態がすぐにわかった・・・

  2号(3) 

すぐに2号を取りだしたけどすでに冷たく固くなっていた。

頭におハゲが出来ていた。
そのうもぺったんこ。
顔には嘔吐物が付いていた。
注射してもすぐに効く子もいれば、そうでない子もいる。
扉のすぐそばに嘔吐物があった。。。

この日の朝、開眼した5号はしっかりご飯をもらって寝ていた。
気になってお休み前に覗いたらちゃんと生きてた。

親鳥がこの仔は、と諦めたのだろうか。
食べなかったけど挿し餌、まして投薬、注射と
何かしら人間がかかわりすぎたことも良くなかったのかも。

巣箱に戻すのが早かったのか、とか
親に任せない方が良かったのか、とか
せめてそのういっぱいにごはんあげたら良かった、とか、
もっと早くに巣箱覗いてたら、とか

今でも涙、涙、涙・・・

2号(2) 

保温器具の下から移動しない。
食べてないから体力ないよね・・・
それなのに一晩中、懸命に立とうとしてた。

巣上げしたことでそのう炎に気づいたけど、
もし、あのまま巣上げを延ばしていたらどうなってたんだろう。

2号はお腹の筆毛が光に当たるときれいなグリーンだった。
パパのアトリと同じかも、と、まさに2世!?この仔の回復を願っていた。

ごめんね、また守れなかった・・・

2号も4号も巣箱の中で☆になり
花壇のハーブの下で仲良く並んで眠っている。

寂しくないよね?


☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



4号ちゃん、お☆様になる

昨日の朝、いつものように巣箱内チェック。

大きさからして4号ちゃんであろうひなっぴの様子がおかしい
顔は出ていたけど、みんな動いてるのに・・・
急いで4羽を取り出し、4号救出。

みんなの下敷きだったこともありほんのり暖かいけど
動かない。

4号ちゃん 

そのうにはちょこっとご飯が残っていて目立った外傷はない。

良く見ると首が異様にねじれている。
おなかのふくらみがなくペタンと平ら気味。

卵と他雛には挟まれ、身動きとれなくて
もしや圧死???

首周りに付いていたフンをきれいに取り除き、
この日の朝に巣上げ用に準備した保温器具ONの水槽に入れ・・・

動かないこの子を見ながらも、他インコたちを順次放鳥。

今日明日にでも巣上げと思っていた矢先のこと。
早くに1号だけでも巣上げしていたら・・・と思うと
後悔の涙が止まらない。

見分けがつかないと何かと不便なようなので、
足環を手に入れた方が良さそう。
いろいろ模索していたのだけど
当日の夕方には来客ありで、動く時間もあまりなく。。。

8日の夕方に1号だけでも巣上げ出来てたら
4号は生きていただろうか・・・

フゴに4号を移したらみるみる体が冷たく固くなって、
まるで眠ってるような顔なのに
アトリやルチルがあんなに頑張ってるのに
守ってあげられなかったことがとても悔しい。

と同時にそんな朝、1号が開眼、夕方には2、3号も開眼。

孵化後10日で消えた命と引き換えだったのでしょうか・・・

巣箱の中もかなり汚れてるし、ルチルの顔やくちばしも汚れてるし、
親の負担も考え、5号のことも考え、
そして4号の分まで大きく元気に育ってほしいので、
夕方、1号のみを巣上げしました。

セキセイ巣引きで4号が小さかったことから
1、2号を孵化後2週間で巣上げしたけど、
保温がうまく行かなくてそのう炎&食滞で通院したことが
トラウマでもあり
サザひなも2週間での巣上げに躊躇したのもココが原点。

4号は今朝、庭の手作りミニ花壇のハーブの側に眠らせました。
今も泣きっぱなしな飼い主。

あんまり号泣するので旦那が引いてた
成鳥が落鳥したらいったい私はどうなるやら・・・


☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



巣上げカウントダウン

サザナミ集合

5日夕方。

この日よりルチルは朝、昼、晩と巣箱から出てまったりするようになった。

残った卵は3つ。
孵化はないものと判断している

前回、巣引き後は体力のなさで
よく不時着して飼い主は救出&キャッチしていたものだ。

今回はフン飛行をさせていたからか、
救出する出番もほとんどない。

ルチルママ

5羽のひなっぴたちにご飯あげてる証拠だけど、
せっかっくの美人さんが・・・

ルチルはカキカキさせてくれたよ~~
キッチンで水入れ洗ってる時に頭に止まって
そのあと肩に乗せたらまったり。

手乗りを忘れてない

ひなっぴーず

朝夕と巣箱の中をチェックしているけど、
この日は開けたら目の前に1号がデーンと

6月6日(夕) 

巣箱開けたら2羽が目の前に・・・

アトリルチルに、小松菜あげたので、
ひなっぴのそのうがグリーン

目視では奥の2羽の方が大きかったので、
たぶん、1,2号だと思うのです
5号ちゃん(画像は孵化後6日)はやっぱ小さいですね~。
そのうにグリーン入ってるし、しっかりご飯もらってますよ


1号ちゃん 

初めての体重測定。(孵化後14日)


我が家の大きな止まり木に
サザ集団が占領する日が楽しみである



☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



5号確認・しかも下敷き(^-^;

5羽いるよ~ 

<大きさの順番で番号つけてます>

5号ちゃんは4号ちゃんの下敷き

1~3号ちゃんたちと4,5号の大きさの違いも顕著。
みんな黒目ちゃんです。

1号ちゃん(孵化後・9~10日)はワタワタに覆われて来たようです。
孵化直後のひなを見たことから考えると
1号は25日朝確認だけど、
24日の夕~夜に孵化したのではないかな???

ここ2、3日ほど、
朝夕とルチルはフン飛行&ご飯に出てくるようになった。
アトリだけでは間に合わないと見た
ここ2日ほど、2羽してボレー粉を食べるなぁ。。。

アトリは
ペレットだけでは物足りないのか、シードを要求する。

ルチルは
巣箱から出てきたら青菜を要求する。

この2羽の要求ジェスチャーは、
巣箱に入らず(入ってもすぐ出てくる)、
止まり木やケージ網側面を慌ただしく徘徊(?)する。
フンなのかなと、扉を開けても出て来ない。

4,5号のことを考えると、
1~3号を早めに巣上げした方がよさそうな気がするけど、
どうだろう・・

今週中には完全に巣上げの準備が整っているので、
私も体調と仕事の調整しとこ




☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓