「多飲多尿症 」カテゴリ記事一覧


多飲復活で温度管理見直し中

ユキちゃん

ユキちゃん

上を向いてるので首元の毛引きがくっきり

今日の通院までの一ヵ月間、
毛引きは現状維持。
でも、やっぱり多飲は復活のまま・・・

室温25℃以上だともれなく多飲。
今日の触視診でも、
《あら~水がたっぷり~

ユキの毛引きは綿毛まで抜くので、
体温保持が出来ないものの、
今は暑いので低温のリスクがないのは救い

お胸が・・・

皮下気腫も時々見られた。
こんだけ胸元がぽっこり出ると、
止ってる時も飛ぶ時も、体重の掛け方も違うよね・・・
重いため、飛ぶ時の着地点はユキちゃん、
最近、若干低い設定のようです

今回は、骨盤の開きや腹筋の緩みもほぼ安定してるので、
発情抑制剤なし。

それにしても温度管理、難しいなぁ
寝るときは室温25℃。
ラックにカバーなので、28℃くらいになってしまう。
さっそく我が家もペットボトル氷を出動。

朝、普通に常温になっててこれじゃ意味がない、と、
どうしたもんだか

個別のお休みカバーは前面を開けてるので、
別布1枚を取り付け、
畳に直置きが一番良いのではないかと・・・

直置きの、ヨーゼフちゃんやサザJrのケージ内は、
朝、25~26℃だし。。。
いや~、今年、暑さ対策でこんなに苦労するとは、
この暑さ、異常ですね


☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



多飲復活ですね・・・

母娘
 
シロちゃん、何気にユキに近づく

ユキの毛引きは現状維持。
触視診では問題はなく・・・

顔が怖い・・・

ちょっと怒ってる?何か顔が怖い

前回通院以降のこの一か月は
皮下気腫も見当たらず。

25℃を超える気温で確実に多飲する。
このままでは腎臓に負担が掛かるので
温度管理のため、夜間はエアコンON。

うちはインコお休みが17:00頃にて、
気温の高い日のインコ部屋は外気温とほぼ同じ。
とりあえず室温を25℃に設定。
ラック内は全面お休みカバーがあるので3~5℃はUPするため、
この温度調整は毎度苦労する

これからはペットボトルに水を入れて凍らせ、
ケージの周囲に置くことになる。
2Lの容器を用意しなきゃ・・・
あ~また冷凍庫占領~~

隠れてるつもり

飼い主に捕まらないよう、隠れてるつもりです。

ユキちゃんは頭に乗らないねー。
子供たちはなんでかな~~

通院です

今回はこの親子3羽で通院。

犬の予防接種が多くて、待ち時間が1時間
車で待機も、くっそ暑くって何度もドアを開け・・・

初代チャラ男のピッチーじいさんは、
♀を見ても我関せずで、さえずってました

☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



飲量が増えた原因

ユキちゃん(1)

今月半ば、ユキの多飲が徐々にUP。
体重も減って来た。
体調崩しかけてる

飼い主の考えですが・・・

日中、気温が30℃に手が届く日が続き、
夜間も保温しなくて良い日が多かった。

特にユキの毛引き状態はがつるっぱげ~~
保温しないと、と思いながらも、
28℃を超えると多飲してたのは事実。

改善させるには温度を下げるしかない。
ビニールカバー撤去で日中は網戸越しの風が当たるよう、
ケージ置き場をサンルーム側の縁側へ。
夜間もビニールカバー撤去。
保温なし。
(注:シロちゃんの保温(サーモ使用)のみでラック内は温度が上がるため

ユキちゃん(2)

以前処方されてた抗生剤入りを2包残してある。
さっそく2日間飲んでいただく。

1日で多飲が大幅改善。

通院日(16日)にかかりつけ医(今回は副院長先生)に状況説明
触視診ではさほど問題なし。
発情行動も見られないので発情抑制剤を減量。

前回、骨盤の真上のおなかの膨らみも
気にする程でもなく、様子見。

ユキちゃん(3)

多飲中は皮下気腫が見られた
多飲によるそのうの肥大に伴う変化ではないか

《温度の関係がねぇ》と副院長先生も困った顔。

その後は多飲も問題にするほどでもなくなり、
その日の気温で飼い主が温度調整するのみ。

飼い主、お鳥様のためにもボケる暇なし

☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



多飲多尿症はほぼ完治

ユキちゃん

抗生剤抜きのこの一か月。
多飲しないので多尿便もありません。

やったねユキちゃん

皮下気腫も飼い主が気を付けて見ている範囲では発見せず

毛引きは相変わらずですけど・・・
でも画像向かって正面のモモのあたりは
まったく抜いておりません

そのうは凹むことはなく、ぶよ~んとしてる。

長きに渡り多飲だったから
大きくなってしまったんだろね

豪快!

すっ飛んで来ました

ブレブレですが、
ボディは綿毛がありません。

せっかく生えても抜くもんねぇ

今月から発情抑制剤を減量。
多飲よりも毛引きとの闘い?のみになるのかな。

触視診でも今のところ、毛引き以外は問題なし。
体重も34gと安定。

これで多飲多尿症と完全決別となりますように

ちょっとユキちゃんのボディで気になることがあって・・・
総排泄腔のすぐ真上(おなか側)が、
止り木に止まってるとぷくっと膨れてる。
握って仰向けにすると引っ込む。

ちょうど触視診の際に説明し
副院長先生も試す。

《力が入ったときに緩みが出るのかも・・・》

触診はもちろん問題なし。
何か出てきている、と言う感じではなかったようです

羽毛があったら気づかない、絶対。
ないからこそ見えてしまう、
良いんだか悪いんだか微妙気持ち


☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



多飲多尿が大幅改善!!!

ユキ(1)

ユキおばあちゃん

今月に入り換羽、換羽、換羽
それじゃなくても毛引きで羽毛がないのに・・・
体調不良になるんじゃないかとヒヤヒヤ

前回通院からの1か月間は、
皮下気腫でどうの、と言った事はなく、
タイトル通り、
多飲多尿が激減どころか、
他の子たちのフンとほぼ同様になり、
当然ながら多飲がない、と言う事です

前回まで抗生剤入りの投薬。

そこで今日の通院時に、
飼い主より提案させて頂いた

『一旦、抗生剤を止めて様子を見るのはどうでしょう?』

皮下気腫も落ち着いてるし、
元々はそのうが炎症、って事でもないし。

今回は抗生剤なし

ユキ(2)

肝臓保護の薬と発情抑制剤は続行。

このまま抗生剤なしで行けたらいいね

☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓