「多飲多尿症 」カテゴリ記事一覧


夏の温度管理に試行錯誤

旦那の長ーーーーーーーーい連休が明けました
居ればケージ掃除等、手伝うのはありがたいのですが、
写真撮る暇を与えないのがちょっとね・・・

そんな連休の前にユキちゃんは通院して来ました。

換羽でお疲れモード

画像は7月27日分。
換羽真っ只中だった(と思う

急に吐き散らしたりと心配な中、
本鳥さんはケロッとしてたり・・・

毛引きは今のところ現状維持です。
多飲も抗生剤追加しようがしまいがたいして変わらず。
そこで毎日観察している飼い主の考えを
通院時に掛かりつけ医に伝えた。

ユキは気温26℃を超えると、飲量が増える
これまでいつも膨れてるからと、年中28℃設定としていた。

夏の日中の室内温度は28℃設定。
扇風機で風を循環させている。
ところが夜間はラックに全面カバーのため、
室内温度26℃設定でも中は28℃。
冷たい空気は下に降りるので上段のユキにはちと温度が高い。

そこで実行中の対策

ペットボトルに水を入れて凍らし、
タオルに包んでユキのケージ側と、天井に置く。
(2リットル×2、1リットル×2、500ml×2(2日分)を用意。)
上段に置くので中段もほんのり涼やか

これで平均温度は25~26℃。
夜間の水の減りが違~~う

保温は簡単だけど、夏の温度キープって難しいわぁ


《夏は温度管理が難しいけど、体型もまあOKだし、
いろいろと工夫されるのも良いですね

かわゆいねぇ

時々、カキカキさせてくれるユキ。

可愛いねぇ

飼い主はインコのためなら日々努力は怠らないヨ

☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



抗生剤は必須になったのか???

ユキちゃん

今月初めの通院は
インコたちはお留守番で飼い主だけ

通院予定にしていた日は、
紹介状を持って祖母を病院へ連れて行く日でもあり、
しかもこの日、台風直撃予想だった。
直撃はなかったものの、翌日は・・・

豪雨で動けず
我が家居住地区も、避難勧告→避難指示発令も。
幸い、被害等何もなかった。

インコたちがいるので一人の時は避難出来ない。
万一の時でも家から出ないよ

それでも翌日は晴れ間も出たので、
3羽連れて行こうか・・・と思ったけど、万一を考えると、
少しでも早く家に居てインコたちと一緒に居るべき、と、
取り急ぎ、薬だけ貰いに行った次第。

ユキの先月末の嘔吐は1回きりで治まったけど、
どーも、1日投薬無しだと翌日多飲勃発。

遊び場ケージ内ではあまり水を飲んでないようで、
夜の飲量が半端なく25cc完飲。

これでは遊び場ケージ開放(投薬無し)はいかがなものかと
週2➡週1と戻した。

先日の遊び場ケージ開放した翌朝、
見ると、頭に嘔吐の跡が・・・
で、これもこの1回で終了。

体重ダウンを警戒しているので、
夜間にごはんをあげるため、
多飲にペレットでそのうが満タンすぎて吐くの
それが抗生剤とどう結びつくのか

先月通院時に、
胃腸の動きに影響する何かがあるのではないか?
と言う一説もあり得るとのことで、
う~~ん

当面、ユキちゃんの抗生剤はカット出来ないな・・・





☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



吐き散らしの跡が・・・

嘔吐物

矢印の先の赤いブツが点在
朝、カバーを外して発見。

真正面をなかなか撮らせてくれずで・・・
吐き散らしのブツはケージ網にう~~っすらと付いてた。

筆毛

換羽の後で、残り数本、開く前の筆毛。

毛引き

腿の辺りは皮膚が覆われて来たものの、
お胸以下は見事な地肌
せっかくの貴重な綿毛も抜いてます

ちょうどこの前日は、セキセイガールズの遊び場開放日。
(開放日は投薬なし)
室内でも25℃以上あったので保温なし。
温度は関係ないのかな?と思い、1日様子見。
特別膨れてじっとしてるとかもないし、食欲もある。
とりあえずケージにビニールカバー追加。
保温器具無し。

ユキの投薬には抗生剤も入ってるので、
たぶん、大丈夫だろうと、飼い主の判断で病院へは行かず。

その後、吐くこともない。

飲量が多い上、そこにご飯で、
いわゆる食べすぎ状態になり吐いたのかな・・・




☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



抗生剤再投与、でもいまいち

ユキちゃん(1)

胸元~尾羽間は相変わらず生えては抜き・・・
不思議なことに胸元と背中~翼表面は抜きまん

先月末の通院時で、抗生剤カットしたのですが、
この1か月間、多飲完全復活しましたがな

こりゃ抗生剤復活だな、とやはりビンゴ

ユキちゃん(2)

お胸はお水満タン

今回の診察は院長先生。

胸骨触診でも
痩せすぎでもなく、強いて言えばもう少し脂肪があっても良いとの事。
夜間にシード混ペレットをあげてるのが良いみたい

空腹を満たすために水を飲んだり、
何かのアピール手段として水を飲むと言う、頭が働く子なら、
多飲が癖のようになってるかも、と。

でしょーーー!!!

だってユキちゃん、目が合ったら水飲むんだもん

飼い主は以前、通院時に
『空腹を満たす手段みたいな気がする』と言ったことがある

抗生剤を抜いて多飲→抗生剤入り→ちょっと改善。

でもねーー。
抗生剤飲んでても改善しない事もあったから
前回は抜いてもらったんだよなぁ

今のところもほんのちょこっとの改善。
これならいつもとたいして変わらない、う~~ん

多飲が良くないのは、
腎臓フル稼働になるので他の細胞まで排出するから。

多飲と毛引き以外は問題なし。
ユキちゃん秋には8歳。
飼い主は見守りつつ、そして遊んでもらいますよ


☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



抗生剤、あってもなくても多飲する

羽繕い中  

4月19日の画像
大換羽真っ只中だったユキちゃん。

換羽による羽いじり&多飲傾向になるなどは
多飲と毛引き同時進行のユキちゃんにとっては致命的。
飼い主の危機感は半端なかった

↑画像(ブレてますが)では背中部分のうっすらピンクは地肌。
ここは翼下で綿毛なし

今月の通院では副院長先生担当。

前月まで抗生剤入り投薬も、
水を飲む量が減る時もあれば、増量の時もあり、
抗生剤、やっぱり関係ないかも。。。と伝えた。

抗生剤を飲み続けるのも良くないので、と
抗生剤抜きで様子を見ることに

どやっ

そのうパンパン
お腹周辺は毛引き中。より一層そのうがクローズアップされるよね

地肌露出が多くなって保温してあげないと
食滞や副鼻腔炎になりかねない。

26℃にアップしたら多飲勃発。
24℃じゃ保温器具ベッタリ。

ユキちゃんの保温はさじ加減が繊細

アクロバティック~

なぜ逆さに
しばらくこのままでしたわ。

脱走中

《捕まえに来たね???》
換羽でお顔が
そして今はちょ~多飲。
換羽によるものなのか・・・
羽が揃えば多飲も少しは落ち着くのか・・・

放鳥したら100%脱走、でも無理に阻止しません。
これがユキちゃんのお遊びだろうから
時々追いかけっこするのも運動になって良いね


☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓