一緒に遊びたい?

サザ&セキセイ(1) 

アルムちゃん、ブレてるけど

最近、セキセイガールズ(ハイジ除く)との同時放鳥では
セキセイがサザに近寄ったり
アトリがセキセイにストーカーしたり

↑はアトリアルムに近寄った時。


サザ&セキセイ(2)
定位置のクララの元へ、シロちゃんが

この後、じわじわとクララに寄って行って
ケンカになったけど

サザ&セキセイ&オカメ 

これもシロちゃんが追っかけて行ったのよ

羽繕いするアトリの尾羽が動くので、噛もうとしてたけど
この後、ヨーゼフの側に飛んで行って、
その直後はいつもの通り

ヨーゼフが嫌がって飛んで行く~~

サザ&セキセイ(3) 

なぜか、ユキちゃんまでちょこんと
自らわざわざ間に入った。

ユキからの攻撃なしなため、ルチルも平然としてるし

でもね・・・・・
ユキヨーゼフを追っかけ回す。
尾羽狙いで

ヨーゼフちゃん 

≪たまったもんじゃないですわ≫ 


☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



別居させますよ!

サザペア(1) 

ルチルヨーゼフの羽がお気に入り

これを持ってると延々と遊ぶ

サザペア(2) 

羽を持ち替えたら
アトリが奪う

ケンカには発展しない

アトリは通常体重50gくらいなのに、
最近ブクブク太って58gに。
これはいかん、とダイエットするも
この2羽は同居。
単にペレットを減らしていても、ルチルの分まで食べている

ルチルも54gまでUPしたけど、
換羽が入り52gに。
その後アトリにご飯を食べられたとしても
51g~52gとキープ。

しかし、お互いおなか空いてるのだろうね。
放鳥すると遊びより私の元へやって来る。
ご飯もらえるからね~。

自らは乗らない体重計の止まり木に乗るようになったこの2羽。
なぜなら
ココに乗ればご褒美におやつがもらえることを、
セキセイズの行動を見て覚えたようだ

ケージに戻ると急いでごはん、だけど、
アトリは自分の分を急いで食べ、
ゆっくりペースのルチルのごはんを横からついばむ



ひとりで・・・ 

ルチルを手に乗せてひとりで食べさせたり、
もしくは外で単独で・・・

ルチルアトリの後追いするから
めったに出来ないけど、
こうでもしなければ、アトリのペレット量を減らしても意味がない

目に余る行動になる前に別居するか・・・

様子見は続く



☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



初ベビーへのインコたちの反応

ヨーゼフ 

 
≪な・何

初ご対面ですが、なぜか怯むヨーゼフ
そして挙動不審


クララ 

一切近づかない・・・
ではなく、娘の腕に移り、肩へ登ろうとしたクララ
引きとめているのだけど、行こうとするところ

ルチルはケージからガン見してたなぁ

夕方放鳥と授乳が重なったけど、
セキセイズは来ないので安心してたら、
1羽、ひとっ飛びして来て、
何とべビちゃんの額に着地したではありませんか


ハイジ

≪何か

ハイジちゃん、あのねぇ
普段は行かないでしょう

爪が柔らかいから良かったけど、
やっぱ侮れず



☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



多飲多尿でまたもや病院へ・10日後

ユキちゃん 

前回通院で10日分の薬をもらって飲み終え
 
再検査のため病院へ

通院した15日は長女&初孫が産院から退院する日でもあり
朝からバタバタしていた。
病院で待ち合わせの鳥友さんへのインコグッズも引き渡しにて、
通院を延ばしたくなかったこともあり、
朝から時間配分に追われ

休み明けなので待ち時間発生するなぁと
朝一のつもりが到着したのは8:55
すでに5,6人先客あり。

先にセキセイ♀は起こしたものの、他8羽はそのまま。
帰宅したら10:30で焦った


多飲多尿は半分くらいは改善。
薬を飲み始めてから体重がさらにダウン(33~34g→30~31g)

飼い主の考えでは、
この減りは薬のおかげで代謝がUPしたのかも・・・
食べ物の量は減らしてないもんねぇ。

フン検査でも問題なく、
そのう触視診でも腫れや炎症は見られず。
胸周りの触視診では、
もう少し脂肪があっても良いので この子は33g前後がベスト、だと・・・
やはり薬が効いて代謝UPし、
そのう→胃への食べ物の流れが良くなった可能性があるとのこと。

抗生剤入りをもう1クール(10日)と
その後抗生剤なし1クールをもらって
薬の切り替えからのフンや体重変化を観察して
もし元に戻るようなら途中で通院発生。

画像のユキちゃん
投薬中はこのケージだけど、入口留め忘れると必ず脱走する
今回の投薬中で変わったことは、
幼鳥期に堪能していたカキカキ要求発生
可愛いったらありゃしない


そしてアルムちゃん

アルムちゃん 

この子もかなり改善が見られ、体重も33~34gキープ。
フンに形が~~

今回は連れて行かなかったけど
もう1クールの薬を飲んで、一旦お休みした後の様子を見て
フンや体重の変化によっては再通院

ついでに多飲多尿の女王・ハイジの件を尋ねた
かれこれ2年、肝機能&甲状腺の薬を飲んでいるが
体重は変化がないけど(元々太りやすい)、多飲多尿は半端ない。
そろそろ薬を変えてもらおうかと・・・

毎年、春秋と健康診断を受けてたけど、昨秋は受けてないので
ユキと一緒に次回病院へ行くことになった



☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



サザとオカメは距離が近い

鴨居にて(1) 

日中の放鳥中は、サザナミ&オカメは必ずここにやって来る

鴨居の隙間はサザのフンだらけになり、
しかもお行儀のよいサザは、
顔は壁側、おちりは部屋側にて、畳はフンの跡で汚れ・・・
大きな止まり木の周囲には新聞を敷いてあるが
まさか部屋一周、隅のみ新聞ってねぇ・・・
何かの結界かと思われるよね

とうとう鴨居には、薄い板をぐるっと一周固定した。
おちりを部屋側に、
しかも勢いで襖も悲惨になるかもと予測していたが、
これが意外におちりふりふりしながら
少ないフンをちょこんと置くような感じなので、
板の上を拭くだけで良い。

おかげで畳は汚れなくなった

ミニ止まり木に伝い登るサザの真似をしたいヨーゼフ@オカメ。
手で移動させようとしても、ビビって乗らない


鴨居にて(2) 

クララも実はここが気になる

カキカキ♪ 

そんな2羽はまったく眼中に無い、アトリルチル

最近、割とアトリからカキカキしてる。


お~~! 

お返しのカキカキに悶絶


☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓