ハイジ、虹の橋へ

ハイジ(1)  

ハイジ♀・享年5歳 2014年7月28日・17:43虹の橋へ

あまりにも突然でした。
いつものようにおはよう!とケージカバーを開けたら・・・
下段止まり木に止まって膨れている。
放鳥する際、扉を開けて、おいで、と手を出しても乗らない。
時々、視点?がおかしいような、挙動不審っぽい気がした


《ちょっと???見えてる???》

放鳥しても全く飛ばない。
膨れたまま畳の上を歩き回って、すぐにケージに戻ろうとした。

ごはんも食べないので、
オーツムギを入れたらちょこっと食べた。

これは躊躇する間はない、と全インコ放鳥終了後、病院へ。

ハイジ(3) 

7月23日の画像。

発情しまくりであの手この手を駆使してた頃。
おなかふっくらでこりゃ産むな・・・と思ってたけど、産まない。

多尿便排出で少し凹んだので、
触ったけど固くなく、やわらかかったので、
お玉ではなかったようでちょっと安心していた。

病院へ連れて行った際、触視診では腹水だろうと。。。
肝機能の急激な低下かもしれないので、獣医師さん迷わず、レントゲン。

《昨夜食べたごはんがそのうに溜まってる

臓器が圧迫されて従来の臓器の位置が異常にずれている。
そして腸内には、多量のガスも溜まってる。
これではそのうから胃に食べ物が流れていない。

発情のため、骨は見事に真っ白。低カルシウム血症も念頭に入れ。
慢性発情っ子の場合、卵巣や卵管癒着、腫瘍も考えられるとのこと。
腹水があるのでレントゲンでははっきりとは見えなかった。

前の日の夕方放鳥時までとっても元気で、いつものハイジだったのに・・・

入院が一番と判断し、即日入院。
初めてだよ、インコを預けて帰るなんて


《ハイジ、がんばれよ!!!》と病院を後に帰路へ。

ユキが復活した矢先のこと、
ハイジは強い子、きっと戻って来る、でも正直最悪の事態を考えていた。
先天性肝機能障害で一生薬。
長生きは無理かもとずっと思ってた。

病院からの呼び出し電話がないように祈るばかり。

4時過ぎに病院から電話、もしや・・・と思ったけど、状態が思わしくないと電話が入った。
《神経障害が出始めたのでこれは・・・》

4時46分、
《15分持たないかもしれない、すぐに来れますか?》
この時間帯は病院まで20分は掛かる。

《ハイジ!がんばれ!迎えに行くよ!!!》と車を走らせるも、
これまでのハイジとの生活が走馬灯のように・・・
涙が止まらない。

酸素送ってるケースの中で闘っているハイジ。

意識混濁の中、後弓反張の繰り返し。
足も伸びきったまま。。。

5時43分、
私の目の前で息を引き取りました。
心臓マッサージをしてくださったけど、ハイジは・・・

まだ温かいハイジを私の手に乗せてくれた。
雛時代ぶりに私の手の中にいるハイジ。

ハイジの状態ではエコー当てることも困難だったので、
せめて原因を、とその後、エコーでお腹を見たら、
腹水部分が小さくなってて腫瘍らしきものが・・・
触診で初めて小さなしこりを発見。

《腫瘍が脳に転移した可能性もあります。。。》

アッという間に旅立ってしまった。
長患いでなかった分、少しは楽だったのだろうか。


ハイジ(2) 

5年前の8月16日・結婚記念日にお迎えした我が家初のセキセイインコ。

やんちゃでほんとに手を焼いて、それから本やネットで猛勉強。
良いも悪いもハイジがすべてお手本で、他インコたちはハイジを見て右に習え!

セキセイでは唯一、キッチンに立っていたら水浴び&水飲みで、
私の肩や腕に来てたハイジ。
ハイジ!と呼べばやって来てくれたハイジ。
やんちゃすぎていつも
《こら!ハイジ!!!》といつも叫んでた。
もうハイジ!!!って呼んでも来ないんだよね・・・

安らかに・・・ 

火葬を考えてたのだけどやっぱりうちの花壇のハーブのもとへ。
縁側のインコたちが見れるから寂しくないよ。
先のサザひなっぴの教育してくれるかな?

一晩枕元に置き、今朝、花壇で眠りにつきました。

発症が日曜日だったら病院開いてなかった。
しかも最期を看取れるほど頑張ったハイジ。

何より、ハイジのおかげでインコライフが始まり
いろんなことを学ばせてもらったよ。

ハイジ、うちに来てくれてありがとね。
5年弱だったけど、たくさんの思い出ありがとね。
またうちにやって来てね。

ハイジ、大好きだよ






☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



毛引き歴1年超えたシロちゃんの今

シロちゃん(1) 

去年の6月、毛引き症確定したシロちゃん(現・3歳2か月)。

一時期、投薬をやめたのだけど、復活してしまった

シロちゃんの毛引きは発情が原因と見られたことから、
発情対策のための、日照時間・体重管理などそれなりにやっているのだけど、
♂の鳴き声が完全遮断されるような家の構造でもなく、
かと言ってこの子だけ、せめて完全隔離したとして、
逆効果のストレスを与える結果となった場合、
毛引きに拍車が掛かるのも困る

本来は、ブルーボディの胸元にきれいなパイドのラインが入っているのに、
今じゃすっかり原型すら見られない

シロちゃん(2) 

そのうパンパンになると地肌丸見えで
より一層貧相・・・

前回のユキと一緒に通院したけど
ちょうど換羽気味で触視診の際、ハラハラ~~と羽毛が数枚

獣医師さんがおちりを触ったら、

《あら~~ちょっと開き気味だわ~

梅雨明けしたとは言えだ湿度も高い北九州。
換羽と発情の入り乱れは
我が家のユキを除く他セキセイガールズも同じ


精神安定剤を40日間飲んだものの、
改善が見られないので投薬は
かゆみ止めの効果のある肝臓強化剤
(羽毛形成のため肝臓への負担が増える)と
隔日だった発情抑制剤が毎日投与となった


この日、ちょうど1羽飼いだと言うコザクラちゃんを連れて来た方がいて、
見たらコザクラちゃん特有の胸元の色変わり部分、あらわな地肌。
背中と翼下も毛引きだとおっしゃって。。。
すっごく発色のきれいな美人さん、体重50g前後だって。

うちのサザ―ズの平均体重が50g。
大きく見えたけど、嘴の大きさと顔の大きさが違うのね

あのコザクラちゃんも治ると良いなぁ

☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



ユキの多飲多尿原因を探るために・・・

ユキ(1) 

おかげさまでユキの体調不良は回復期に入りました

たまにカキカキさせてくれるので、完全復活ではないけど

再診でのそのう検査は

"すっかりきれいになってますよ"

体重も33g前後。
今までのように、ガツガツと食べることはまだないけど、
触視診での体格も
"痩せすぎずだけど、もう少し肉ついても良いかなぁ"とのこと。
筋肉が落ちた、ってことでしょうね。

薬は念のためにあと5日分で終了。

ユキ(2) 

頭部、筆毛がたくさん
換羽してたんだ、と見落としていたことに気が付くとは大失態に等しい

ところが一昨日より翼メインで大換羽に突入
せっかく落ち着いて来たのに、
また体調崩すんじゃないかとヒヤヒヤです


今回の嘔吐事件を期に重い腰をあげた飼い主。
ユキの多飲多尿の原因を探るために、獣医師さんに血液検査の相談をば・・・

ユキの多飲多尿歴は3年。
これまでは対処法として数回、整腸剤や乳酸菌の薬を投与。
良くなることもあれば、持続せず、を繰り返していたものの、
それ以外の所見がなく・・・

巣引き後の大換羽以降の症状であったことから
ホルモンバランスが崩れた、にしてはかれこれ3年

多飲多尿は正常ではないのだからこの際、
やっぱ根本的解決のために検査、と決めた。

多飲多尿の原因の中、一番に考えるのが肝臓疾患

血液検査も1回で数値に異変が出るとは限らず、
もし、ほんとに肝臓が悪いのなら
検査のための血液採取で、出血が止まらないことがある言う

大型インコならともかく、
小型インコにとってはリスクもあると言うこと。

このことから掛かりつけ医では
疑わしい原因用の投薬を2~3か月継続。
それで効けば原因とみなす、と言う方法を優先するとのこと。

もし、肝臓が弱かったとして、ユキJr4羽に遺伝していたとしたら、
2羽の毛引き兄妹にも何かしらの影響があったのではないだろうか

↑ あくまでも飼い主の推測です
  獣医師さん談ではありません。


マイヤは以前、レントゲン撮影の結果、甲状腺が微妙・・・
これは父・ピッチーが薬飲むほどではなかったけど、
やはりレントゲンの結果、指摘されたことがある。

ユキの多飲多尿原因追究のため、現・抗生剤投与終了後、
20日分の肝臓疾患用の薬を飲むことになりました。
湿気やすい夏季にて1か月分ではないのですよ(笑)

一緒に連れて行った毛引き症の娘・シロちゃんの件は後日に。。。


☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



仲良し3兄弟のブーム

ブーム(1) 

頭着地

1羽が飛んで来るともれなく連動。
飼い主すら、誰が誰だか

たぶん手前が5号・ベリル。
左が3号・リオン、右が1号・プレナ。

セキセイJrたちの頃もまだこの頃(孵化後1か月半)は
みんなでつるんではいたものの、
4羽必ず一緒、ってことはなかったような

サザJrたちはいつでも3羽一緒。

ほんとに仲が良い

ブーム(2) 

解体して残していたケージ網を
保温器具サークル代わりにアーチ状に曲げてたもの。

いつも飛んで行く鴨居の隅に置いてみたら
遊ぶ遊ぶ~~

鴨居は私の背では届かないので、
これごと移動出来るので、捕獲は簡単。

人間の子供と同じ。
何でも遊び道具にしてしまう天才

足掛け中 

3号・リオンが1号プレナに足掛け
羽を膨らませ、翼を広げる寸前です。
1号・プレナは5号・ベリルに足掛けしようとしてたんですけどね

この後、5号・ベリルは移動しましたわ。。。

ベリルにはまだ足掛け行動は見られない。

リオンは体格や雰囲気がパパ・アトリにそっくり。
アトリの幼鳥時を思い出すなぁ

☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



ユキ・その後

投薬2日目(1)  

投薬2日目の朝。

挿し餌直後のような胸元・・・
やはり流れが悪いようです。
前日夕方もほとんど食べてないし、
夜中か、明け方に食べたペレットが残っていたと思われる。


投薬2日目(2)

幼鳥時代を思い出すほど
具合が悪くないとこう出来ないのも複雑ですね・・・

ケージ内温度30℃でちょっと暑そうだったので保温器具のスイッチOFF。


投薬3日目(1)

投薬3日目。

粟玉のみしか食べない・・・
何も食べないよりはましだけど体力筋力低下は困る。

そやっ!!!

一人餌練習のためにとサザJrに、
ミキサーで粉砕していたブリーダータイプのペレットがまだ残っている
これなら粟玉食べる時についでに口の中に入るかも、と
取り急ぎ入れることに。

そして緊急措置のためのポカリ

薬とは別に配置。(50ccの水入れに1:1で水で薄める)
夜の間、半分くらい飲んでた。

投薬3日目(2)

日中もウトウト・・・

さすがに最悪の事態を考え始めた。

飼い主の取った行動。
まずは他セキセイ女子のケージを側に置いた。
次に、元ペアのピッチーのケージ(昼間はチーちゃん・息子と同居)も。
ピッチーがすぐに反応。
ほとんど鳴くことのなかったユキがこれに《ピーッ!!!》と応える。

セキセイズのパワーで元気になれ!!!
と思う反面、もうこの仲の良さを見れなくなるかも、と考えたら

号泣

夕方にはちょっと膨れ具合が違って来て、みんなの放鳥を見てそわそわのユキ。
26℃でも膨れてないので、保温器具を外した。

投薬4日目(1)

夕方放鳥ではみんなと一緒に止まり木移動もあり、割と動き回ってた。

朝の体重は35g。
胸元はさほど膨れてないのに、あら???戻ってる

カキカキしようとしたら、《ビビビッ!》 へ???
ケージに手を入れたら、噛む え???

もしや・・・

復活の兆しか

投薬4日目(2) 

自ら盗み食い

投薬4日目(3) 

今度はアトリの食べてる姿に釘づけ。

そして今朝。
入れてたペレット完食。

飼い主の手を軽く噛みつき、鴨居へ飛んで行きました。
そして仲間を呼び鳴き。
モフることもなく、そのうもぺったんこ。

ユキちゃん、復活と言っても良いかも






☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓