自作インコ雛を飾る

インコ雛3種

玄関内の迎春グッズを片づけて、
完全オリジナル作品・インコ雛を飾りました~

今年はサザナミ雛が加わり、仕様も変更。
もちろんモデルはこのペア

アトリ&ルチル 

ルチルの背後は、息子ベリルです(笑)

ペーター 

セキセイ雛の三人官女はハルクイン。

ペーターがモデル。
《僕は男の子ですよ

セキセイはホワイトかイエローフェイスにて
着物を着せると特徴が・・・

ヨーゼフちゃん♪ 

オカメはとーぜん、ヨーゼフちゃんがモデル。
でもノーマル女子にて、
着物の色によっては顔が目立たない

去年作ったのは生地の色味がちょっと違ってて、
その後、新色が発売され、この色がヨーゼフちゃんに一番近い。
なので新たに作ろうと下準備のみは終了。
早く仕上げないとまた飾る期間が短くなるねぇ・・・

いや、今年から年中飾っておこうかと思う。
季節ものインコグッズを置くスペースを確保してるので、
四季の手作りグッズとして並べるので、
また来客様の玄関での悲鳴が飛び交うでしょう

☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



末っこはマイペース

サザとセキセイ

すっかり激換羽から復活したチーちゃん。
最近、リオンの追っかけしてます。
あまりのしつこさに、何故かプレナが追い払うという・・・

リオンはクララを追っかけてます。
クララ、まんざらでもないご様子です

うちのサザ3兄弟は、
プレナ(1号)とリオン(3号)がいつも一緒。
ベリル(5号)はどちらかと言えばリオンと居る事が多いけど、
基本は我が道を行く、クララに似ているかも。。。

アトリ&ルチル夫婦 

ケージ掃除が済むと、入口でご飯を待っています。

ベリル 

時々、アトリ→ベリルに変わってる

ルチルは、はっ!!!いつの間に!!!
と気づき大慌てすることがあります。

放鳥中は相変わらずルチルママを追っかけます。
そしてルチルの目の前で体をゆ~~らゆらと揺らしてますが、
ルチルから一括され・・・

それでもめげずに追っかけますけどね

性格もベリルが一番穏やかそう。
人間慣れ度も強いて言えばベリルが一番、かな?

ベリルはお腹空いてると一番にケージに戻り、それを見て兄たちも続く。

セキセイズが私の手からおやつをもらうのを見てるからか、
遊びの途中でも手に乗って来ます。
セキセイズを一括するわけでもなく、一緒に食べます。

同じように育てて来たつもりでも
人間と同様、それぞれだわね。。。


☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



ユキちゃんの多飲多尿便画像です

このブログを検索でお立ち寄り頂く記事TOP3は
1 毛引き症・疥癬
2 多飲多尿
3 手作りおもちゃ・グッズ

多飲多尿便の画像は今回が初めて(のはず)。
我が家編が参考になれば・・・

朝一

朝一のケージ底。
今は保温しているので一部水分が乾いています

夕方 

こちらもちょっと水分飛んでます。

肝臓の薬を飲むようになって、これでも若干マシになった方。

ユキちゃんの1日の水分摂取は50ccで足りないことがほとんど。
投薬以降は30cc~40cc程度で済んでます。

でも、尋常じゃない量ですよ

よく、換羽中、発情中、ごはん=ペレットだと、
水分摂取が多くなるとも言われますが、
ユキちゃんはそんなのお構いなしの年中この調子です

メガバク発症すると
そのうに水分が溜まることもあります。
軽いメガバクで薬を飲んでたことがあるユキちゃん。
陰転後はフン検査もそのう検査でも、いまだ引っかかることはない。

フンに糖は出てないことから腎臓疾患疑惑は二の次って感じ。
太りやすいことと、爪に時々出血痕が見られたことから
肝臓疾患を優先的に考えての現治療法遂行中。

乳酸菌を処方していただいても、3日と持たず、すぐに元に戻るフン。
今は、トータルペレットもブレンドしていますが
やはり乳酸菌が効かないと言うことは、
腸内環境は関係ないかと思われます。

ユキ 

お正月の大換羽で食事制限解除したら体重UP。
筆毛だらけのお顔になった今、
少しずつダイエットで33gと落ち着く。

シロ 

やっと33gまで増えたシロちゃん
食滞もほとんど見られない。
トータルペレットをやっとやっと食べるようになりました。
ゆるフン対策ではなく、
胃腸を動かす成分が入っているので
食滞改善の意図で食べてもらってます。

アルム 

アルム、これでちょうど良いんです~

換羽で34gまでダウンしたけど、
やっと復活も油断したら40g超えになって・・・


換羽終了し、筆毛も開くと発情モードに。
フンが緩くなったのは発情よりも、
ペレット食べすぎ=水を飲むが原因???

40gを切って以降、少しずつゆるフンが改善中。


夜、サーモは29度設定。
しかしながら、サーモが働き、スイッチOFFになると
その間のユキ&シロのケージ内温度が下がるので
これもまた問題・・・

特にユキちゃんは
25度下回ると膨れて膨れて今にも爆発しそうなフォルム。

ユキちゃんには一定の温度を保てる保温器具の方が良いな



☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



ケージ置き場は温室仕様?!

ほぼ温室 

飼い主、またまた気管支炎勃発で、高熱ダウンしていました
歳とともに回復も遅く、
これ以上、インコは増やせないと痛感


さて、予告していた日中の保温対策

お正月の広告には掲載されてなかったのですが、このメタルラック。
120cm幅・4段タイプが新春特価で¥5000。
迷うことなくGET
そして周囲を覆うビニールはテーブルクロス売り場にて。
180cm幅×3.5m=¥2500弱。

ビニール臭を消すために天日干し1日。
折り畳み式の布団干しに広げてました~。

ビニールは三面覆い、前面は上から垂れ下がる仕様。

ラックを買うまでは直置きだったので、
昼の水交換やご飯供給では
飼い主の腰の負担は半端なかった・・・
インコたちも保温器具のみでは寒いみたいで
フリースやらをぐるっとケージ底周囲に
すき間のないように巻く感じにしてた

各段に温度&湿度計設置。
どこにどの子のケージが良いかを決めるため。

ヨーゼフ@オカメとサザJrはケージが大きいので置けません

やっぱり一番下は温度がさほど上がらない。
100Wの保温器具のみ使用で20℃程度。
あまり加温したくない&しなくて良い子は下段と決定。
(現在はサザーズの段)

中段は22〜24℃程度。
ただし、100Wの保温器具の熱が届くので、
換羽が終了し筆毛もほぼ開いてるお子専用。
膨れているようであればケージ内の20Wの保温器具をONか、
ケージとケージの間に挟むように保温器具設置。
(現在はメンズセキセイの段)

上段は28℃程度。
保温必須のセキセイ母娘の指定席。

今は全羽、換羽が落ち着き、筆毛満載かほぼ終了。
ラックの置き場の位置上、向かって右側の方が温度が低め。
これも利用してケージの配置も決まる。

湿度を上げるために水を張ったお皿におしぼりを入れ、
置いたりしてるけど
40%以上にはなかなか上がってくれず苦労してます


ラックを買った日に偶然、
処分価格になってたラウンド型のマルワさんのケージが¥1200。
ケージを洗って乾かしている間の
一時住み替えに欲しかったところだったので即お買い上げ~。
ラックには、上部の金具が邪魔で入らなかったので
とりあえず金具は外したけど。。。

↑画像でちょうど中段左端に。
この日はサザJrに入ってもらって
彼らのケージを洗って天日干ししてました。

本来、ここまで徹底して保温したくなかったのですが、
温度低下で食滞起こす毛引き兄妹と、多飲多尿ですぐに体調を崩す母・ユキ、
換羽でお疲れモードのピッチー&チー・父息子のため。

しかしこのファミリー、何でだろ

アルムもちょっとフンが緩くなってるし・・・
この子にはこの温度は暑いかもと、
ビニールカバーは外し、保温器具はOFFに。
様子を見ながら最終的には下段を目指す。

前面もビニールで覆ってるのでほぼ温室
各段の保温器具の稼働にもよるけど、上段は部屋の温度+10℃前後。

なので外出する時はガスファンヒーターを付けなくて良くなった。


何かとっても過保護な気がするけど、
あんだけ膨れられたら後が怖いもんね



☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



セキセイズの月一通院

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い致します

昨日、月一通院日でした。

ユキ 

ユキ。

年末より本格換羽に突入
より一層、保温に力を入れている。

触視診では
先月に比べると腹部~おちりの筋肉の緩みは若干改善。
換羽に入ったので、ダイエット強化をやめたら、3gUP
ギリギリのラインなので様子を見ながらでペレット量の調整続行。

換羽前はケージ内温度27℃で半ワキだったのが、
今は30℃でもOKって

お正月はケージ底に抜けた羽根だらけだったもんね


マイヤ 

マイヤ。

3日前くらいから換羽突入
翼と顔周辺の抜けが顕著。

気になるのか、翼は毛引きに拍車が・・・
それでも背中の開きかけている覆毛は抜いていない。
正面は現状維持。

食滞気味だった先月。
投薬と保温で改善。

サザーズと同時放鳥すると追っかけしてるし、
体重も減ることはなく、何とか

シロ 

シロ。

温度が低いと食滞気味になる。相変わらず毛引きしてます。
おまけに換羽突入したし・・・

年末、29.5gまで体重が落ち、
休みに入る前に病院へ連れて行こうと決め、
病院へ行こうとした翌朝、体重を量ったら
増えてる

放鳥中も元気に飛び回ってるし、ちょっと安堵。

私が寝込んでいた間、食事量の微調整が出来なかったことも原因のひとつ。
保温と食事時間の調整を強化したことで
徐々に体重は増え、今は32gまで復活。
換羽がやって来たので、これまた減るだろうね。

触視診では獣医師さんも
《34gくらいまで増えてくれたら良いなぁ。。。》

バイタルパウダーを気持ち程度に振りかけているので、
換羽の状況を見ながら、もう少し量をUPすることに


保温強化のための我が家の対策。
次回にでもUPします




☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓