毛引き、治らなくても元気であれば!

マイヤ(1)

マイヤ、月一通院で診察室飛び放題

院長先生の頭に乗るわ、診察室内の小道具に飛び移ったりと

《お~~元気良いな~

現在、放鳥中は完全に飼い主の頭を狙って飛んで来るので、
わざと頭を下げたり、左右に動いたりして、着地を阻止。

何度もチャレンジするので良い運動、遊びにもなってるかと思います。

10日も経てば、今度は他インコのみとつるむので、
飼い主には見向きもしなくなる



相変わらずオチリともも周辺の羽を抜き放題。
これ以上悪化することはもうないんじゃないかな・・・

夜間の保温なしでも食滞も全く見られない

マイヤ(2)

32g前後が通常値。

そしてシロちゃん。

シロ(1)

ハミハミ中。

お腹が空いたら飼い主の肩に飛んで来ます。

シロ(2)

あなたたち兄妹よ・・・
なぜにカメラを見てくれんのかね

シロちゃんは33gを超えると発情モードになります。

毎放鳥時は、・アルムが背中に乗ろうとするので、シャチホコったり。
飼い主、速攻の阻止。

触診では骨盤の開きもさほど問題ではなく、
シャチホコリも遊びの一環かもしれないけど、
本気モードに突入は困る(毛引きの取っ掛かりが発情でした。)

今回、若干の発情抑制剤をいつもの投薬に含有。

シロちゃんも毛引きは現状維持ですね。
今は日中の室内温度が高いし、エアコンも28℃設定。
それでもシロちゃんのケージ置き位置は30℃。
今月は食滞発生しなかった。ほっ

夜間はユキ&シロちゃんは、
サーモ使っての28~30℃保温
インコ部屋はエアコン26~27℃設定。

5歳のセキセイJrたち。

元気が一番






☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



ユキちゃん初の腹部エコー

ユキちゃん

相変わらず膨れてるユキちゃん。
あなたも秋には7歳。おばあちゃんですね

先月末から投薬量が通常量へ戻ったけど、
多飲は相変わらず

膨羽してることがほとんどで、スリムな時は放鳥中、動いてる時だけ。
膨羽って具合が悪い(体温保持など)時以外にも
眠い時にも見受けられますね

背中にくちばし突っ込んで寝てる時も震えてなければ、
いかにも重大です!!!ってな本やネットでの情報。
普段からその子の状態を見ていれば、
慌てなくても良いかな、と私は考えてます。

ユキちゃんのケージ内温度は、24時間28~30℃。

温度が高いので多飲が進むっぽい。
かと言って膨羽三昧なので温度を下げることを、
どうしても飼い主は出来ません

今月半ば、どーもオチリが膨れてるようで、
ユキちゃんもやたら気にしてるように見えた。

毎回通院時は骨盤の開き具合を触診するので
後日いきなり発見もあり得る・・・

保定して触ってみたら・・・

骨盤のすぐ上に小豆よりやや小さい、プチ感あり。

え?え?え?

まさか腫瘍?

その後、何度か触ったけど、ブツに触れることはない。

ユキちゃんもエコー。

《う~~ん、これと言ったものがないけどなー

まれに臓器の一部が触れることもあるそうです

と言うことは、現在ユキちゃん、腫瘍疑惑否定

2年前の今日はハイジが逝った日。

同級生のピッチーもユキもペーターも、
ハイジの分まで長生き目指して頑張ってるよ




☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



ピッチー、再レントゲン

ピッチー(1)

逆光なのでより一層ろう膜が濃い茶色に見える

セキセイズ月一通院にピッチー同行
今回も院長先生担当。

まずはエコーで腹部を診るも、これと言った疑惑なし。
2カ月前に撮ったレントゲン映像と比較するため、
レントゲン撮影となった

変化なし

発情から来るものであれば骨にカルシウム沈着が見られるはずだけど、
今回もOK。

疑惑の精巣の大きさも、変化なし

骨盤の開きもまったくの正常。

ピッチーのような、ここまでろう膜が茶色になると、
さすがに精巣腫瘍疑惑が強まり、
ほぼ確定してもおかしくないほどだそうで・・・

現時点、腫瘍の可能性はかなり低いと診断。
ではなぜ???

女性ホルモンが強くなったのではなく、
男性ホルモンの分泌が低くなった、と推測される。

いわゆる、
加齢・老化による現象ですわ

7年前の8月16日にお迎えしたけど、
挿し餌もあまり食べず、1週間もせず完全一人餌になった。
現在ピッチーは7歳を迎えてるはず

そこで院長先生に尋ねた。
《7歳なんですけど人間で言ったら60歳くらいですかねぇ?》

セキセイの場合(他鳥種にもあるかと思います)、
人間に置き換え推定年齢と言う計算式があるようです。

ピッチーは70歳くらいだって
ピッチーはもうおじいちゃんです

びっくりして計算式、はっきり覚えてない

追記(16/07/27)です

計算式=(実年齢×6)+20

↑3歳くらいまで適応かと思います。
あとは実年齢×10、じゃないかな???

毛引き症通院のマイヤが
実年齢5歳=50歳くらい、と言われました

ピッチー(2) 

《生涯現役ですよ》

精巣腫瘍の可能性が低くなって飼い主はちょっと安心したよ


☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



またまたろう膜が~~(T_T)

ピッチー(1)

《何か???》

ちょっと、ピッチー・・・
あなた、ろう膜が

ピッチー(2) 

《しつこいなぁ

真正面から撮りたいんだけど、なかなか向いてくれず

ピッチー(3) 

《あの~眠いんですが・・・

ちょっと白飛びしてますが、確実に見事に
ピッチーのろう膜はベージュを通り越して茶色に近い

先月末、やっとブルーのろう膜に戻ったのに、
その直後からの放鳥中、
メンズ同士でエサのプレゼント開始

こりゃヤバイな、と思ったのも束の間、
すぐにろう膜の変色が始まった

体重は33~34gをキープ。
腹部や背中は見た目では膨れていない。

ピッチー(4) 

《眠いのでお構いなく

構うわーーー

終わったけど換羽、来んかな・・・


☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



何やってるんだか・・・

何???

《何やってんの

クララ、発情スイッチON
足を掛けようとじわじわとシロちゃんに近寄る。

何なの! 

《ちょっとアンタ

威嚇され怯むクララ

一連の行動を上からルチルちゃん不思議そうに見てる

え?何?? 

《こっちにも可愛い子がいるでち

隅にいたユキちゃんに近寄るクララ。
懲りてな~~~い

来るな! 

《ちょ、ちょっと何なのよ

ユキちゃん飛んで逃げました。

シロもルチルもじわじわとクララに接近し、行動を見てる

や~ねぇ・・・ 

《あ~あ、ユキちゃん逃げちゃった。何やってんのよまったく

クララも男の子だもんねぇ・・・

メンズセキセイとつるむのも大好きです
たまに人間ベッタリです

誰でもOKなのです。
意外にフレンドリー、と言う事にしておきましょう




☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓