FC2ブログ

換羽は要注意

マイヤ

マイヤ

ユキ&シロちゃんの通院時は同行せず。
投薬完了後だったし
連れて行きたかったけど、
ケージ3個を持って行くのは無理。

マイヤのその後の経緯を院長先生に伝えたところ・・・

未消化粒が出たと言うことは
胃炎もあるだろう。
って事で、
前回の薬を10日分追加

現在、
体重も31g~32gと完全復活

当然ながら胃への負担を考えて、
1度に食べる量を減らし、
回数を増やす事に徹した。
様子を見ながら毎回微調整。
ゆっくりゆっくり、そして確実に体重は戻った

復活の証 

ケージ帰還拒否でここへ行くのは復活の証


投薬終了間近に換羽が始まった。
湿度の高い毎日。
インコ部屋はタイマー設定のエアコン(26℃)、
毛引き組はビニールカバー&保温(28℃)。

体調を崩さないように、なんだけど、
ほんと季節感のない我が家

この換羽はやっと復活したマイヤにとって
より一層の厳戒態勢で行かないと・・・


☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



尾脂腺肥大の手術を検討するも・・・

シロちゃん(1)

シロちゃん

久しぶりに覆毛が
相変わらず、綿毛は抜いているものの、
背中は覆毛が増えて来た

集合

夕方放鳥中、
ごはん待ちのセキセイガールズ

ごはんの入れ物を開ける音と同時に
私に群がる
肩に乗って頬を軽く突っつく。
スルーしたら咬むので正直、恐ろしい

集合!

珍しく、
第一陣の放鳥組が止り木に集合

この画像のシロちゃんをトリミングすると・・・

尾脂腺肥大

矢印の先が
問題の肥大化した尾脂腺。

画像はのシロちゃんは
かじってるのではなく、
片方の尾脂腺の脂をくちばしに付けての羽繕い中

いきなりはち切れる事はないようですが、
咬んだりして出血すると厄介だ

まれにがん化する場合もあるとか。。。

今回は担当が院長先生だったので
見解を聞いてみた

副院長先生と同じ見解はもちろんだったけど、
処置をいつ行うか・・・
エコーで肥大化した尾脂腺内を見る。

完全に固くなっているわけではなく、
懸念した血管は通っていない。

針を刺して内容物が抜けたとしても
再発する。

《抜きま・・・・・しょうか?》
院長先生も悩む中、

《う~~ん、どうしたら良いですか

完全に取るには手術しかない。
レーザーで切り取る際、どうしても穴が開く。
セキセイの出血は危険。

綿密な計画の下での手術であっても
9歳と言う年齢は
やはりリスクが高い

シロちゃん(2)

あまりにもパンパンなので心配なんだけど、
シロちゃん自身が気にしてもないし、
やっぱりこのまま様子見で。
って事にしましたわ

会計時、
何か安いんだけど、と
ふとシロちゃんの明細を見たら、
エコー代が入ってない。
尋ねたら
《今回は(手術の)判断材料としてなので不要です》

あざっす

リスクは出来る限り避けたい。
若ければ、とは思う。
よほどでない限りは今後も手術はしない方針です。


☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



毛引きが原因で・・・

患部

ユキちゃん。

印にある水膨れのようなブツ。

ココだけでなく他にも数個発生。
気づいたのは病院へ行く前日。
裸眼ではわからず、乱視メガネをかけてくっきりと

以前にも1,2個は見かけたけど、
今回はちょっと多い。

先月、ぎっくり腰で通院してないので
強力コロナ対策の病院ですが
早めに予約を入れときました。

骨盤や腹筋の緩みもさほど無く、
肉付きも問題なし

何度も同じ箇所を毛引きしてるから
毛穴に菌が入ったのだろう、と。
範囲が広がったり、
炎症を起こすようなら投薬

ユキちゃん

3か所プツっとなってます
翼下にも数個あり。

綿毛が出て来てるんだけどなぁ。と今回担当の院長先生。

最近、お歳なのか
ちょっとした高さの物にヒョイッと乗れない。
足が弱くなったのかな、と尋ねてみた。

念入りな触視診開始

保定されて必死の反抗の挙句に
院長先生の手に、ほぼ水分のフンを噴射

落ち着いていた飲水量が、
梅雨入り辺りから現在まで 35~40cc。

関節痛なども懸念されるけど
痛がってないので様子見。

ユキちゃんは我が家のインコたちの最年長、
ピッチーの寿命を超えました。

こんなにいろいろとありながら、
ユキちゃんの生命力ってすごい



☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



マイヤもう大丈夫かな?

マイヤ(1)

12日のお昼前より
ケージ内でご機嫌なさえずり開始

13日  30.0g
14日  29.5g
15日  29.5g
16日  30.5g
17日  30.0g

フンに未消化粒餌が出て以降、大事を取って、
シード1:ペレット3
(通常ペレットに加え、粉砕ペレットを多め)
ペレットを食べたのは半分以下

相変わらず、
オーツ麦、カナリーシード、
オーチャードグラス、フォニオパディの4種を好んだ。

薬を水に溶かしておいたのを忘れ、
その容器の水を間違って捨ててしまった
実質9日間の投薬・17日に終了。

見た目にはフンも正常だし、
保温器具の前に張り付く事もなくなった。

マイヤ(2)

熱帯夜の日々から一変の今週。
室内温度が下がるまではエアコン。
深夜以降は保温。
毛引き組は
冬より夏の方が温度管理は難しい

9歳にもなれば
治りも遅いような気がする。

やんちゃだったマイヤに、
歳を感じるようになった

放鳥したら
ごはん催促で毎回私の頭に乗るので、
とりあえず安心かな

☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



マイヤ、病院へ

手に乗る!

先週、食滞気味だったので
経過観察していた。
終わったと思った換羽がまた始まり、
完全に終了した矢先の事

シロちゃんの次はマイヤ

先週金曜からごはん量が減り、
夜間ごはんがほぼ残ってる。
土曜朝の体重は→29.0g(前日比 -2.5g)。

当然、放鳥しても元気がない。
保温30℃キープする。
食べない。

ココは金属中毒の時に唯一食べたオーツ麦が頼み
オーチャードグラス、
カナリーシードも追加で様子見。

日曜日、体重 28g

放鳥してもすぐにケージに戻る。
食欲不振に傾眠三昧。

はぁぁぁ・・・
具合が悪くなるのは週末。
しかも病院は完全予約制となり、
日曜は休みだし、予約の確認が出来ない

ツクツクだらけ

顔中、筆毛祭り。

嗚咽や嘔吐がなかったので、
そのう炎じゃないよね、と思ってたら、
食べた直後にオェッって何度か・・・

月曜日、病院だな。

朝一で電話するもなかなか繋がらず、
9:30にやっと・・・
17:30しか予約取れないとの事。

救急の場合、どうするんやろ

朝は飛んで回ったマイヤ。
夜間のごはんは半分以上食べてた。

とりあえず予約だけ入れる。

お昼過ぎから食欲が復活の兆し。
フォニオパディ追加したら
好んで食べてる。
初見のとりきちさんの木炭を食べる。
これはやっぱり???

夕方放鳥時は私の頭に飛んで来た。
病院キャンセルでも良さそうな。
たぶん、抗生剤が出るだろうから
今後に備え、やっぱり病院へ。
道中、鳴き声復活。

そのうにちょっと多めの菌。
フンはOK。
喉の奥が少し湿ってるので、
鼻水が流れてるのではないか?
触視診時はそのうは正常。

換羽と気温のアップダウンが重なり、
体調を崩してしまったのだろう、と・・・

10日分の抗菌剤&胃薬を処方。

初物ビビリなマイヤが木炭食べた時点で
おかしいと思った
本能で体内の菌を除去したかったんだろね。

体重ダウン

↑9日朝。
体重ダウンストップ。

10日朝 30.0g
フンに粒餌混在。

11日朝 29.0g
フンに未消化粒餌。

12日朝 29.0g
元気がなく、傾眠多い。

一喜一憂な日々
病院へ行ってて良かった。

12羽揃って年を越すんだよ。

マイヤ、踏ん張れ

☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓