FC2ブログ

自咬症脱出!

仲良く~

アトリ とルチル
相変わらず、いつも一緒

自咬症のための再通院はマイヤと一緒に6日に

新しく羽も生えて来てるし、
傷口もわずか数ミリの瘡蓋を残すのみ

《このくらいなら気にならないでしょう

例のダンシングインコが功を奏したかもね
この件を伝えたら、

《掻くと嫌な事が起こるようにしたのね~

アトリ(1)

この綿ロープをひたすらかじるのも良かったと思う。

《何が引き金になるかはわからないけど、何だったのかな~》
とアトリの触視診中の副院長先生。

飼い主が頻繁に発情行動を邪魔したから、
と、今となっては強く思う

なのであれから邪魔はしてません。

瘡蓋があるので念のため、
後2週間、薬を飲み切りで終了。

精神安定剤が前回より半分に減量。

アトリもよく頑張ったね
良かった良かった





関連記事
☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓