FC2ブログ

穏やかに天に還すために

ピッチー(1)

ピッチーの介護日記を見たら、
寛解した期間は1週間ほど。
元気だった頃によく飛んで行ってた場所へ移動してた。
インコ部屋の大きな止り木のてっぺんに止まったり、
ネットへ飛んで行き、よじ登ったりしてた。

食欲も復活の兆し。
放鳥時間には、
ケージ内でも出せ出せアピール。

元気過ぎて
《人間もお迎え前に元気になるよね・・・》
《ピッチー、大丈夫???》

人間と同じだった・・・

足の麻痺が出た時には覚悟していた。
緩和ケアを選択し、
シード好きなピッチーのために、
栄養が偏らないよう、天然由来のサプリや食べ物にも着目。
残りの時間は
好きなものを食べてもらいたい。

これは今後のうちのインコたちのためにもなる。
何たって、老鳥が多いですから。

人間だって
延命のために医療処置で、
最期、形相が違う、ってあるでしょ。

緩和ケアからの看取りにより、
穏やかな顔でピッチーを天に還す。

お散歩

急変する日の朝。
珍しく床を移動し、
他のインコのケージの食べ物を覗く。

お世話に関しては
こうすれば良かった、ああすれば良かったとか、
一切の後悔はない。
自分が出来る事はやって来た。

うちに来て良かった、と思われるよう、
天に還るまでは
精一杯のことをするのが、飼い主の役目。

旅立った後のこの1週間。

他の子たちの薬の準備で
ピッチーの入れ物を探したり、
マイヤに向かって、
『ピッチー!』と言ってしまったり。
夜間見守りしなくて良いのに、
ついついインコ部屋を覗いたり。

ピッチーが旅立った翌日は、
次女の誕生日でおまけに准看の合格発表。

次女が10年前に外科手術した個人病院が、
正看生OKの求人!
この病院は他にも次女と縁があり、
院長、その場で即決。

准看護学校はお隣の県だったので一人暮らし。
正看学校は市内なのでうちに戻って来たのが先月末。

月に1,2度しか帰って来なかったのに、
なぜかピッチーは次女に止まって
くちばしを背中に突っ込んで寝てたっけ。

ピッチーは次女に春を運んでくれたね。

ピッチー

《うわ~!ピッチーお帰りーーー

と次女の声。

本物の羽

ピッチーの羽、取っておいた分、使いました。

生前の愛用品がなくて(容体に応じていろいろ変更)、
終末期にくちばしやあごを乗せてたバルサ材をば。
今は元気になって
木の枝に止まってるイメージにしました。

ハイジ、ペーターと並んで仕事部屋に飾ってます。

これで私の気持ちにも一区切り。

ほんとは
これでブログ閉鎖を決めてたのですが、
もう少し、うちの子たちのこと
綴って行こうかと思います。

お付き合いの程、
宜しくお願い申し上げます。



関連記事
☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓