便利な材料

omocya1.jpg  


バルサ

ホームセンターで売られている合成の木材。
インコがケガしないくらい柔らかいので、簡単に加工できる。
12Фがちょうど良い太さ。(10Фだと穴あけの際、割れます。)
キリなどで、簡単に開きます。長さは900mm、¥160くらいで売られてました。
 
ひも(麻を使用)を通してケージの中に吊り下げます。



omocya5.jpg



トイレットペーパーや、ラップの芯に穴を開け、
バルサを適当な位置に突っ込み~。
こちらは放鳥時のおもちゃにしています。 


omocya4.jpg 


広告や包装紙を小さくカット。

この中に、ドライフルーツや粟穂を入れ、軽く閉じてケージへ。
なかなかケージへ戻らないので、愛用書を参考にし、やってみたところ、 大ウケ

特に、反抗期?なインコちゃんは、このバルサを勢いよくカジカジ。
 ウチではハイジの御用達。
ケージ出せ出せコールがあまりにもうるさいので、
バルサを直接ケージの側面から突っ込むと
狂ったようにカジカジが始まり、跡形もなくなります。

ストレス解消にも
 



関連記事
☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓




コメント

コメントの投稿

非公開コメント