ピッチー再度病院へ、そして副食質問攻め

ハイジ&ピッチー 

ハイジがラップの芯に頭を突っ込むので、
自分もやってみたいのだが、いつも怒られるピッチーが側にいる
先日の嗚咽行動で、昨日の朝一再度病院へ。
口の中、舌、そのう胸部視触診。動画も見た、Drの見解
換羽で体重が3g減り35gだったけど、触診の際、
《今日もたくさん食べてるね~
そのうも炎症なし。
皮膚にも異常なく筆毛がたくさんある。
フンも外見上の異常はない。
視触診異常なし
食道や胃などに炎症があるのであれば、
ペレットを食べても同じ症状が出るはず。
症状(仕草)も吐き戻しのような、下から上に突き上げるようなものではなく、
喉に何か違和感があるように見受けられる。
急いで食べて、よく噛んでないような・・・
メガバク持ちだったコは胃炎を起こしやすいとも言われている。
薬投与しても良いけど、もう少し様子見ましょう。
ピッチーは何が何でもペレットにしなくても良いけど、
セキセイ4羽いて1羽だけ、と言うのは環境下ではムリ。
その点も踏まえて、副食についても聞いた
ペレットは、総合栄養食で、
《これを食べていると、たぶん、健康で長生きするだろう》と
言う考えで作られたもの。
ただし、製造直下は栄養成分は保たれているが、
酸化によるビタミンの消失は必ずあるもの。
青菜やフルーツなどの副食は、それを補うものと考えられて与えている。
また、チーズにおいては
塩土(塩分摂取)の代わりとして与える場合もある。
(文献などでは、研究結果で乳酸菌摂取とも。)
動物性たんぱく質はペレットにも入っているので、
必ずしも必要とは言えない。
オーストラリアの内陸部に生息するセキセイが、
魚を食べることはないだろうし、
たまたま口にしたものに昆虫が付いていて食べた、と言うことはあっても、
ほんとに昆虫を好んで食べているのか?と言う見解もある。
ビタミンの過剰摂取の懸念については、
小型インコがそこまで大量に食べるか?と言う考えもあり。
ただし、フルーツにおいては、果糖の余剰分が糖尿病へと繋がるので、
毎日毎日ではなく、たまに与える程度であれば問題はない。
要するに
何でも、与えすぎに注意
あくまでも、私が信頼しているDrの見解であり、
これが絶対、と言うものではありません。
ペレットやシードの良い点、悪い点を十分考慮し、
情報氾濫、交錯の中、また日々研究が進んでいるので、
?と思ったら、信頼できる、相性の合うDrに相談が一番ですね




関連記事
☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓




コメント

☆白矢さんへ☆
ヨーグルトは乳酸菌の補充や、抗生剤による副作用(善玉菌減少)に
食べさせる事例がありますよね(^^)
たぶん、チーズもその域の研究からOKが出るのかもしれませんね。
ピッチー、相変わらずなので、
シードは粟穂のみ、隔日で与えるようにしました。
ピッチー君、異常なしだったんですね!良かった^^
とはいえ、安心は出来ないですけどね^^;
チーズをあげるのは思いつきませんでした!
ヨーグルトはあげても良いと聞いたことはありますが、まさかのチーズw
☆くうちゃんさんへ☆
病院へ行くまでは、私も情報収集は本やネット中心でした。
なので、もっと視野や詳細などを知るために、
インコ病院のHP、ブログなど読み逃げしてました(笑)
そしてインコ専用ブログを始め、とりっちに参加することに。。。
よそ様ブログにコメ残さないので、
こちらに訪問して下さった方がコメ残して下さるとコミュが始まるので
 ↑ どんだけ身勝手なのやら(^^ゞ
とりっちメンバーさんにもお世話になりっ放しです(^^)v
かかりつけのDrは、食生活改善必須なコのみに、ペレットですね~。
アトリ(サザの消化器官問題)、ハイジ(肝機能障害)だけですが、
複数飼いは難しいですよね^^;
☆tomoさんへ☆
発情期の吐き戻しのような動作とは違うと言われ、
そういえばそうよね、と納得した私です(笑)
フンに粒餌もないと言うことは、消化されてるってことだろうし、
消化器官よりは食道の違和感。
年末年始の休みも入るし、手前で再度通院しようかと。。。
吐き方も水平に横に振ったり、
嘔吐物が粘液状で頭やらに付くのはヤバイようですよ!
さらさら粒餌数粒であれば、餌のプレゼント的現象らしいです(^^)v
ピッチーちゃん、菌などが出なくて一安心ですね^^
これであの行動も治まってくれるともっと安心なのにね。。
副食、うちでは、自分で文献(本・ネット)を調べて・・・なんですよね。だから家に鳥専門の本が10冊以上雑誌も20冊以上ありますね(;^_^A
と言うのも鳥専門の病院へ行くようになったのも最近だし、かかりつけの先生は、ペレット推奨派で副食は、小松菜・青梗菜のみ他の食べ物は、一切あげなくて良いと言う考えだから・・・
いろんな方のブログもとても参考になります。もちろん夏ママさんからの情報も参考にしてますよ~♪
ピッチー君良かったね!♪
夏ママさんも、質問攻め!ドクターが全てお答え下さったようで、
良かったですね!♪
うん!そう言うドクターが良いドクターです。
最近、tomoも鳥医者のあり方について色々考えてますよー!
このはもよく吐くんですよ。でも、鳥医者2件とも、問題無しと言う。
だからピッチー君も大丈夫なんですよ!←意味不明
☆かずさんへ☆
アトリがノーマルグリーンなので、コバルトがいいかなって。
見分けつくでしょう(笑)
アトリも通常シードは消化してるんですけど、
たま~~~~~~に遅くに食べると未消化粒が。。。
湿地帯の高地に住むサザナミは、
カラカラに乾いた食べ物が豊富とは思えないし、
セキセイは穀類種子主体と言われてるし。。。
野生の特性を主体にして、飼い鳥としての生活の調和。
でも個体によって違うから、
様子見ながら飼い主が気遣う、のが一番の方法かも(^^)
ピッチー、シードへの執着が強いのかしら???
ピッチー君、柔らかい物だといいんですよね。
サザナミは消化が悪い仔がいるので、なるべくペレットをと思うけど、昔はペレットなんて無かったので、セキセイはシードが当たり前でしたし…。
野生のセキセイって何を食べているんでしょう。シードなんてそんなに口に入らないと思うし、虫は食べないだろうし…?
今度のサザナミはコバルトって決めてるんですね。
☆すずこさんへ☆
吐くことはないのですが、嗚咽みたいなのが目に付くんです~。
ペレットやオーツ麦など柔らかいもの?はいいんですけど。。。
苦しそうに見えるので心配、なのにピッチー、
嗚咽が治まるとまた食べる(^^ゞ
チーズは、抗生剤投与が続く場合、
与える指示を出すDrがいらっしゃるようです。
絶対に必要ではないので、
ムリにあげなくてもいいんですけどね(^^)
お酒と同じ、適量の範囲内です^^;
☆yukaさんへ☆
人間も同じですよね(^^ゞ
私なんて凝りもせず、横に成長しますから(T_T)
インコって、何でも
おもちゃにしてしまう、遊びの天才だと思うんです。
頭使うとストレス解消にもなるそうなので、
中におやつ入れたりしても良いし、
ラップやトイレットペーパーなどの芯を短く輪切りでも(^^)v
あ、これは投げ技得意なコは投げ飛ばしますよ(笑)
ピッチーちゃん、またまた吐いたんですか。
吐くのを見ると、心配ですね。
ウチはチーズはあげた事ないけど、チーズも食べるんですね(^_^;)
何でも、過ぎたるは及ばざるが如しですね。
何でも与えすぎ注意! 
わたくし自身にも当てはまるお言葉で耳が痛い・・・・ Σ( ̄ω ̄;)
動物も人間も食事量はほどほどに・・・という事ですな (笑´ω`)
ラップの芯と遊んでる姿が可愛いねー!
うちのP助にも今度ラップの芯をあげてみよう (o・ω・)♪ 
☆kabakoさんへ☆
nice!&コメありがとうございます(^^♪
私もまだ1年4ヵ月弱の初心者ですが、
病院通いも1年となり、ブロガーさんの情報も含め、
日々勉強になってます。
先日ブログ訪問させていただきました~。
そらちゃん、どうぞよろしく☆
次回のサザのお迎えはコバルトに決めてあるんですよ(^^)v
こんにちは!
鳥さん暮らし初心者なので、とっても勉強させていただいてます!

コメントの投稿

非公開コメント