毛引き兄妹の通院でした。

ドアップ 

ちょ、ちょっと・・・

マイヤ、近すぎるんですけどぉ


マイヤ

顔だけ見てるとまさかこんなボディとは思えんよね

とうとうレギンスすら無くなりショートパンツ化へ。
下っ腹も穴ぼこに。
左右の翼(肩?)の同じ位置に穴ぼこ。
背中のV字ラインも穴ぼこ。

獣医師さんいわく、
《あらあら、せっかく生えて来てるのに・・・

前回通院時のそのうの菌ははるかに少なくなってるけど、
念のためにもう20日分、抗生剤を飲んでおこう、と言うことに。


シロちゃん 

シロちゃん。

発情は治まっている、が、
本来発情と言うものは、いきなりピタッと止まるものではない

シャチホコリがなくなったから、
無精卵を産まなくなったから、
と言うのは表向きの症状であり、
実際、レントゲンを撮れば、
骨のカルシウム沈着など、発情そのものの状態がわかる。

発情抑制の薬は表向きの症状がないからと言って
ピッタリ止めるのではなく、
週2とかの隔日で徐々に減らすのが望ましい

初めの頃は1日置きとかしてたものの、最近は薬を混ぜてなかった、
反省

シロちゃんは
背中V字中央を抜いていたのだけど
最近はそれがなくなり、代わりにお腹周りを抜いている。

画像では見えないけど、
穴ぼことまでは行かない程度の薄くなった部分あり。
シロちゃんは胸元あたりに
キレイなパイド特有のラインがあり、ボディは薄いブルー一色だった。

シロちゃんに関してはやはり発情を抑えるのが先決。
ケージ内レイアウトを変えるなど、
物理的要素の変化なども今後の課題。

一方マイヤに関しては。。。

最近ケージ内からだけど、
すぐ側に居る私にまでエグエグプレゼントに必死にて、
関わり方も様子を見ながら、
エネルギー放出手段として、新おもちゃを与えたり、
放鳥回数(現2→3)を増やす、放鳥時間を延ばす、など
毛引き具合と相談しながらやっていくことに。。。
 
発情対策も兼ねた作戦ですな

で、病院から帰宅して
ハンドメイド作業予定を急きょ変更し
さっそく無農薬い草を編むことに。
見慣れさせようと、ケージ側で作業しようとしたら、
マイヤだけでなく他メンズセキセイ3羽、半パニック
あのねぇ・・・

とりあえず、ケージ内レイアウト変えたけど
すぐに慣れましたがね

関連記事
☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓




コメント

ワッチ~ さんへ
おはようございますe-287

男子のピンクろう膜はあざやかで童顔でしょう?
かわいいですもん!!!
うちのハルクインは、青ポチ入りなので
これもおもしろいですよe-454

身体は禿げ散かしてますが、
ベタ慣れ&元気なのが救いです。
ありがとうございますe-348
こんばんは(*´ω`*)

マイヤくんのお鼻、真っ青でスッゴク綺麗♪
うちの男の子はピンクなので凄く新鮮です(#^.^#)
体を見るとビックリですが(゜m゜;
早く良くなるといいですね♪
かずさんへ
こんばんはe-454

見るからに涼しげでしょう?
プードル・・・確かにe-330
毛引きそのものを止めるというための手段ではなく
命に関わるリスク要因を止めることが先決としたので、
ハゲ散らかされてもまあ、それはそれかな~。

寒くて体力低下されても困るので
保温はいつもより早めに対応する予定ですe-271
綺麗な青いろう膜のアップの後は、犬みたいにカットに行ったかのような…。昔風のプードルを連想させます。
夏は涼しくていいけど、冬は寒いですよね。保温も気をつけないといけませんね。



コメントの投稿

非公開コメント