毛引き歴1年超えたシロちゃんの今

シロちゃん(1) 

去年の6月、毛引き症確定したシロちゃん(現・3歳2か月)。

一時期、投薬をやめたのだけど、復活してしまった

シロちゃんの毛引きは発情が原因と見られたことから、
発情対策のための、日照時間・体重管理などそれなりにやっているのだけど、
♂の鳴き声が完全遮断されるような家の構造でもなく、
かと言ってこの子だけ、せめて完全隔離したとして、
逆効果のストレスを与える結果となった場合、
毛引きに拍車が掛かるのも困る

本来は、ブルーボディの胸元にきれいなパイドのラインが入っているのに、
今じゃすっかり原型すら見られない

シロちゃん(2) 

そのうパンパンになると地肌丸見えで
より一層貧相・・・

前回のユキと一緒に通院したけど
ちょうど換羽気味で触視診の際、ハラハラ~~と羽毛が数枚

獣医師さんがおちりを触ったら、

《あら~~ちょっと開き気味だわ~

梅雨明けしたとは言えだ湿度も高い北九州。
換羽と発情の入り乱れは
我が家のユキを除く他セキセイガールズも同じ


精神安定剤を40日間飲んだものの、
改善が見られないので投薬は
かゆみ止めの効果のある肝臓強化剤
(羽毛形成のため肝臓への負担が増える)と
隔日だった発情抑制剤が毎日投与となった


この日、ちょうど1羽飼いだと言うコザクラちゃんを連れて来た方がいて、
見たらコザクラちゃん特有の胸元の色変わり部分、あらわな地肌。
背中と翼下も毛引きだとおっしゃって。。。
すっごく発色のきれいな美人さん、体重50g前後だって。

うちのサザ―ズの平均体重が50g。
大きく見えたけど、嘴の大きさと顔の大きさが違うのね

あのコザクラちゃんも治ると良いなぁ

関連記事
☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓




コメント

コメントの投稿

非公開コメント