病院へ行きました(2)

1日の翌日、2日に連れて行ったお子その1です。

 ピッチー(1) 

ピッチー♂・5歳。
ハイジと同日お迎えした、とっても温厚なお子です。

画像は6月のものですが、わかりやすいのはこれかな???
画像向かって左外側の指先の爪・・・
突出して異様に伸びているのです。

以前、私が一度カットしたんですけどね。
またの伸びて、今回病院へ行った時は、先がスクリューっぽく曲がってました。

腫瘍好発適齢期でもあるし、
まさかこの子も肝臓が悪くなった(爪や嘴の伸び・出血痕などが出やすくなる)のか???

気にするほどに上嘴が微妙に長いような

触視診では肉付きも良く、また、触れるようなしこりもなく、
外見上は問題なし。
6月以降、ダラダラ換羽が続き、私は内心ひやひやしてた。

《う~~ん嘴の長さ、微妙ですよねぇ・・・》

肝臓疾患の場合、
爪は先細り形状ではないのが一般的だそうで。
止まり木のサイズは合ってるし、
握る強さは申し分ないので
指の力の入れ方にクセがあるのかも、と。

他の止まり木などに止まってる時の指先を見ていてください、とのお達し。

ピッチー(2) 

7月29日の画像。

頭部にうっすら色が付いているのですがわかるかなぁ???

日中のみ同居の長男・チーの落とし物の跡だと思う。
やっと換羽も落ち着いたけど、顔が貧相な

そしてその2のお子・・・

シロ(1) 

毛引き症のシロちゃんです


これは・・・と慌てて連れて行き・・・
(ピッチーは偶然1羽単独捕獲に成功したので一緒に

7月28日の記事の2枚め画像参照
上の画像は1日夕方放鳥時です。
ケージ掃除中の前かがみ態勢の私の腰に飛んで来たシロちゃん。
比較しても、胸元の地肌がむき出しってわけではないです。

シロ(2) 

同じく 1日の画像。何でかクララとバトル開始
シロちゃんの胸元もごく普通だったんです。

ところが2日のお昼以降、夕方放鳥時間になってもそのうがパンパンのまま。

《もしかして食滞???》

この子はなかなか捕まらないため苦戦した~~。
そのう触診したら、石みたいにガッチガチ。
骨かと思ったほど・・・
これはこれはこれは
ハイジの最期の日とダブってしまって飼い主慌てた。

土曜日の夕方は診察しているので急いで病院へ。

《いつ吐いておかしくない状態です

シロちゃん、毎日発情抑制剤投与中で
少し落ち着き始めた矢先の事。

《うん、お腹は少し締まって来てるね
《フンは出てるので少しずつ食べ物は降りてるね。》
《このままだと確実にそのう炎起こすので、胃腸を動かす注射しましょう》

これは☆になったサザひなっぴ2号には
体力低下が顕著すぎて打てなかったもの。
そう、ハイジも同じ・・・

《ペレットは少量で回数分けしてくださいね。今夜はあげなくても良いかも・・・》

発情に加え、周りのお子に感化され、一気に食い溜めすることがある。
シロは多飲多尿でもないので、
ごく一般的なお子たち同様水分取らないのです。

ペレット早食い一気食いでいつもオェオェして、
喉閊えたんじゃないの???ってくらい

注射の副作用的症状で、お腹が一気に動くため、
痛みでバタ狂う子もいるので、体力のない子には打てない注射。
今、シロちゃんは毛引き、発情、換羽とまあまあ・・・
保定されて暴れてたので元気は元気。

《今夜、少し様子を見ててね》→気になるので一晩枕元。

翌朝にはそのうもぺったんこ。
ちょこっとペレット入れてたけどこれも完食してた。

なので3~4日の2日間は2時間置き0.5gずつのご飯。
その後、そのうを目視確認しながら
量と回数の調節も、体重2g減っちゃった

発情=ストレス

その際、細胞が分裂して行くので、
ガン細胞(腫瘍)があると、もれなく一緒に分裂して枝を広げるので
成長も転移も早いんだとか・・・

《特に飼い鳥のセキセイインコは発情対策が悩みの種です。》

また始まった・・・と諦めてはいけないんだよね。

今回、シロちゃんは胸元毛引きのおかげで
食滞発見が早かった。

毛引き症 違った意味でも 侮れず

明日、毛引き組通院ですが、
台風の影響も考え、本日午前中に病院へ行きます。

と、これで終わりと思ってたら
ただいま経過観察中のインコが1羽
朝の放鳥を見て、一緒に連れて行こうかと思っています。



関連記事
☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓




コメント

かずさんへ
こんばんは~。

食滞の要因として・・・
シロちゃんは発情も絡んでいるのですが、
今日通院したので次回にでもe-287

発情も表面上おさまったようでも、
内面はまだ残ってますからね~。

先手必勝のつもりで通院三昧ですわ~e-350
すずこさんへ
こんばんは~。
いざと言う時の注射ですね。
体力がないと後々のリスクが怖いけど・・・e-263

何でも早期発見早期処置ですよね。

ピッチーは大丈夫と思うのですが、
いろんな症状を教えていただいたので
参考にしながら観察します。

シロちゃん、ケガの功名ですね。
本当に毛引きじゃなかったらわからなかったと思う…。
でも何故食滞になったのか…何か原因があると思うので、まだしばらく要観察ですね。
細胞云々のお話、勉強になりました。やっぱり発情は怖いですね…。
うちも少しおさまりましたが、怖いのでまだ別居させてます。でもベッドに潜りたがるうちはまだまだおさまってない証拠です(汗)
こんにちは
シロちゃん、早くわかって良かったですね。
注射、効きますよねー。
ちまちま薬水を飲むより、ダイレクトに体内にはいるからね。
ピッチーちゃんのくちばしと爪はどうなんだろう…
個体差もあるしねぇ。

コメントの投稿

非公開コメント