ルチル、息子のストーカーに遭う毎日

何???

《ん???旦那にしては色が濃いんだけど・・・》

と思ってるかどうかはわかりませんが
ココ最近、息子の5号・ベリルからストーカーされているルチル

ベリルは兄・プレナとはあまり仲がよろしくない・・・
プレナは弟・リオンがお気に入り。
リオンは基本、兄・プレナだけど、
時々ご乱心遊ばされるプレナにビビって、ベリルとくっついてることがある

視線が・・・ 

サザナミ一斉同時放鳥すると、
3兄弟は決まってルチルの追っかけ開始。
中でも、ベリルは頻度が高く、ほぼ近くにいる。

そんなルチルは飼い主救済を待ちつつ、
旦那・アトリに呼び鳴きする

避難中 

アトリ・・・
嫁が呼んでるのに

飼い主の方へ避難し、Jrの場所を確認中。
この直後、Jrたちが相次ぎやって来て、1羽がアトリに胴体着陸し、
アトリ大パニック



注:ルチルの嘴中央に赤いポチがあります。

過去記事の中で書いたことがありますが、
その時はぶつかってケガしたのか、保温器具のハミハミでやけどしたのかと・・・

健康診断と産後の健診の際、獣医師さんからも注意されたのですが、
嘴や爪の出血痕は
肝機能障害や機能低下により見られる。
定期的に出るのは肝臓疾患も疑われるとのこと。

ルチルは繁殖前からすでに見受けられていて、現在では年2回ほど表れることから
先天性の肝臓疾患の疑いあり

多飲多尿や異常換羽やら、何かしらの変化が見られたら投薬になるでしょう。

元気そうなのですが、実は要観察っ子なのです


関連記事
☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓




コメント

とりむがいさんへ
おはようございますe-420

出血痕に関しては、巣引き後に知ったので
もし早めに知ったのなら繁殖はしなかったかもしれませんe-441
肝疾患は遺伝も考えられるようです。
鳥さんも人間と同じですね~e-263

寒さが厳しくなってます。
とりむがいさんもご自愛下さいませe-271
ルチルちゃん。そうなんですね。。。
大事にならぬよう願っております。

奥様も御多忙かと存じますのでお身体お大事に笑
かずさんへ
こんにちは~。

Jrたちは孵化後6か月過ぎたので、
成鳥へと変化しているためか、心身のバランスにより
喜怒哀楽(?)の波が激しいと思いますe-1
ルチルが♀って本能でわかるのでしょうかねぇ・・・
クララにはまったく関心がないようですe-452

別居も考えたのですが、ベリルも放鳥時は負けじと応戦してます。
しかもわざわざ狙って飛んで行くし、背後からプレナに攻撃してましたよ。
ほんと、かずさんのブログにあったように、とってもしつこいですよねe-441
ビデオに撮りたいけど、あんまりにもひどいので、救出が先ですけどe-443

出血痕は見逃しやすいです。
以前、ユキちゃんにもありましたe-263
やっぱりサザナミ紅一点だからでしょうか。親子の認識は無いし…。

3羽入ると、2対1になっちゃうこともあるのですね~。そりゃ一緒に育った兄弟でも合わない子もいますよね。
プレナ君、時々ご乱心しちゃうのですか。

うちもまっちゃが、ご乱心する時があるので、そういう時はみるくが可哀想なのでケージをもう1つ用意しますが。
でも他の2羽は穏やかなのですね。

嘴の赤い点、以前みるくにもありましたが…
その時は多分、まっちゃにやられたのかなと思ったけど…。
そういうこともあるんですね。

コメントの投稿

非公開コメント