尿検査は陰性でした

ユキちゃん(*^^*)

ユキちゃん、可愛いねぇ

最近、通常の寒さになって、
飼い主は温度管理に余念がない

先月の通院時に、尿採取用の容器を預かってて、
今回、糖の数値の検査でした。

多飲多尿の原因を探るためだったけど、
腎機能はやはりまったくの正常値

よって、血液検査は見送りです

体重も33~34gを維持中。
触視診でももちろん問題なし

水分摂取は相変わらず、1日30ccほど。
肝臓疾患なのか心因性なのか、はっきりとはわかりません。

放鳥中も元気に飛び回ったり、
ごはんのおかわり欲しさのアピールも、
水入れをひっくり返す元気あり余りです


数カ月前から、ユキの右足の裏に傷があり、
痛がる風ではないものの、いまだ治らず

獣医師さんにじっくり診て頂いたら、
左足もちょっと赤くなってると・・・
趾瘤症(足の裏に腫瘤や潰瘍が出来る)ではないものの、
でもこれに移行してもらっちゃかわいそう

今の止まり木の太さは10φ。
ちょっと大きめにしてあげましょう。と。。。

さっそく止まり木用の木材をカット。12φに変更
(飼い主は物作り大好きなので、いろんな資材が揃ってます

爪とぎ用の備長炭に変更も考えたけど、
止まり木をかじり倒すことがある子なので、
肝臓の薬を飲んでることもあり、
万一、炭を食べてもらっても困る・・・

それに、ユキは一度も爪切りしたことないので、
あえて必要はないかなと、普通の止まり木に。

早く治ると良いね~、ユキちゃん


関連記事
☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓




コメント

かずさんへ
こんにちは♪

(ー)判定なので、ホッとしました。
多飲多尿の期間も長いので、
もし腎臓疾患であれば、もっと他の症状がひどくなって出てるはずだと。。。

ユキの足の裏のケガ部位が止まり木のアーチと合致するので、
曲げた時に痛くないようにと、少し大きめなのですよ。
通常は、掴んだ時の爪先が、止まり木に当たること。
これで爪とぎ出来ますね。
備長炭のように、凸凹、太いところや細いところがある状態が
インコには良いかとe-454

セキセイ、確かにあの堅すぎる備長炭をかじり倒すことはないですね(笑)
嘴をこすりつけたりするので、
万一、を考えての事ですe-461
ユキちゃん、陰性で一安心ですね。
止まり木は太い方がいいのでしょうか。
備長炭もオカメにお勧め用の太いのなので(汗)一回り小さくても良かったかな思いますが…。
太い方が安定感はあるのかな。

セキセイは齧りますね~。
止まり木齧って落っこちることもあるので、齧り木コーンを入れたら齧り倒してました。セキセイが遺してくれたコーンはそのままサザナミに入れてますが、止まり木コーンでそのままの形を保ってますわ。
備長炭、悪いものではないけど、いいものまで出てしまうと困りますしね。でも備長炭は硬いからもしかしたらセキセイの嘴位じゃたいして影響ないかも。

コメントの投稿

非公開コメント