発情抑制剤が毎日じゃなくなった!

ユキ

多飲多尿症のユキちゃん。

触視診で、おちりの緩みもなく、
ろう膜も非発情中の色。

体重も32~33gと安定。

《発情抑制剤は毎日でなく、隔日以上開けても良いでしょう》

お~~
ここ数カ月は毎日投与だったよね

相変わらずスリムな状態を見るのは稀なこと。
1日の水分摂取も20~30ccとまちまち。

幼鳥時代から、あまり身軽に飛びまわる子ではなかったけど、
最近、率先して放鳥三昧。

11月通院時に獣医師さんのアドバイスだった、
ユキの止まり木の太さをUP。

おかげさまで、足の裏のケガが治りました

ユキ♪ 

パズル枠にサザJrが止まり、
爆弾投下するので仮留め中のネット。

ネットを見ると登りたくなるのか、
とてもフットワークが軽かったユキちゃん

登る最中はとてもスリムだったけど、
一休み中は膨れてる

この部屋(8畳)、外気温とさほど差がない。
放鳥前にガスファンヒーターで一気に暖めておく。

飼い主はケージ掃除に必死なので20℃設定でも暑い
インコたちは運動中は良いけど、
まったりしてるとみんな膨れてます。

ユキとシロのケージ内温度は30℃。
ケージ内の温度との差が大きすぎない方が良いので、
放鳥時間は30~40分程度。
ケージ掃除を1番に着手しておけば、
お腹が空いてるので自らケージに戻ります。

お鳥様の状態を見ながらなので
飼い主の朝夕の放鳥時間の集中力は半端ないです

ボケる暇なし


関連記事
☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓




コメント

コメントの投稿

非公開コメント