薬が少し変わりました

ユキちゃ~ん♪

珍しく飼い主にくっついてました。

ユキちゃんは肝機能強化の薬に、
若干の胃腸を動かす薬を入れてました(飼い主すっかり忘れてた)。

朝ごはんのペレットは通院の日は0.5g程度。
万一のそのう検査に備えて、満タンにはしません

触視診でも、
『食べ物が残ってるわけではないですねぇ・・・』
飲んだ水分は仕方ないので、
今回は肝機能の薬のみ。

おちりの緩みはわずかではあるけど、
骨盤は開いていない。
ろう膜は若干かさついて来てるけど、
発情抑制剤も今月はなし

体重のコントロールさえ維持出来れば
ユキちゃんは発情を抑えられます。

多飲多尿は相変わらずだけど、
最近、軽やかな飛行をしています。

足の裏の赤みはまだ引かず

メス特有のケージ底たむろのため、底網が原因かと・・・

何か敷くにも
かじることで発情を促しかねないし、
水分の多いフンだから、衛生面も気になるし・・・

う~ん、これはどうしたもんだかねぇ


関連記事
☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓




コメント

ピヨジジさんへ
おはようございます(^^)
発情抑制には、
日照時間、体重、温度、程よいストレスなどの管理が大切ですね。
ユキは、元々ぽっちゃりさんで
油断するとすぐに太ります(・・;)
ここ1年半はお玉排出はないので、
少しは効いてると思いますよ(^-^)

まるちゃんみたいなアクティブさはないですが、
昨日は、ケージの扉の留め具を閉め忘れてたら、
脱走してました(^_^;)
頭を使うのも発情抑制に一役ありますよー。

No title
お薬が変わったのですね。
いろいろ勉強になります。

うちのまるちゃんも体重は高め安定です。
肝臓の薬を飲み続けていますが、とても元気すぎて病気とは
思えないくらいです。

発情抑制か。。。
これも体重と関係があるのですね。

コメントの投稿

非公開コメント