精神安定剤の減量開始

シロちゃん(1)  

先々月に投薬が変更し、
副作用?で眠ってる事が多く、食滞も発生。
先月通院では、投薬量を変更し様子見も、
眠ってばかりや食滞は一切なし

毛引きに関してはさほど変化なし。

シロちゃん(2)

放鳥時=ケージ掃除。

セキセイガールズは、まずは床を徘徊して拾い食い
シロちゃん、この後は目線の先の止まり木へ。

今回の担当医は院長先生。
飼い主の思考を伝えた

過去3回、シロちゃんの投薬変更、追加(増量)した月は、
毛引きに拍車や体調変化が見られたこと。

マイヤは1年以上、精神安定剤やサプリは使っていない。
それでも現状は変わらず。
ならばシロちゃんも一度薬から離れて様子を見るのも良いのではないか

なぜ精神安定剤やサプリを投与するのかは、
その薬で毛引きが治った、と言う報告例があるから、と。

以前もそうおっしゃってましたよね~~

通院時は飼い主、毎回質問だらけで特に院長先生担当時は、
学会での最新情報などを教えてくれるので助かる 

前々回追加した薬を今回よりカット。
他の薬も徐々にカットし、無投薬期間を作ることになった。

そして兄・マイヤ。

マイヤ(1)

飼い主の頭に乗ってスリスリブーム到来

マイヤ(2)

毛引きは現状維持。

シロちゃんよりは綿毛があるので、保温もシビアにならず。
それでも最低でも24℃はキープしたいマイヤ。

うちのインコたちは
天気の良い午前中は網戸越し日光浴し、
保温組もビニールカバー外しての網戸越しの風に当てる時間を長くしてます。

日光浴が毛引きを助長すると言う説もあるようですが、
自然の光や風が
インコには一番の薬と思っています



関連記事
☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓




コメント

うっさんさんへ
こんばんはv-280

報告例はひとつじゃなくて、統計結果じゃないかと思うのですv-219
人間同様、鳥さんも個体によっての効果の状態はもちろん違って来るので、
いろんな薬を試すのは仕方ないことかなと・・・

シロちゃん、元気なんです。羽毛がないだけでv-356
羽毛がないための二次災害だけが
飼い主の悩みの種なのですv-390
薬、6種類入ってたのですよ・・・
ビックリしましたv-436
こんにちは^o^

薬って、そんな単純に報告例があるからって、処方されてるんですね。。

なんだか、ちょっとだけ、怖くなりましたです。

院長先生は、いろんな情報をくださって、いい先生ですね。

お薬は、なるたけ、減らしたほうが、良いですよね。。

コメントの投稿

非公開コメント