皮下気腫発覚!最悪の場合手術ですってーー!!!

昨日、セキセイズの通院でした。
タイトルの通り、飼い主は軽く頭が混乱

皮下気腫とは
気嚢が外傷など何らかの理由で破れたり穴が開いたりして、
皮下に空気が漏れて膨れること。

ユキ(1)

10月21日でお迎え8周年を迎えるユキちゃん
多飲多尿に毛引き、そして今回は皮下気腫

ユキ(2)

そのうのデカさは相変わらず

ユキ(3)

ここ数週間で新たに抜いた箇所。
そして白い丸印のあたりの皮膚の膨れが頻繁に。
時々、内容物が見られたので、
とうとうここまでそのうが広がった(緩んだ)のか、と思ってた
ひなっぴが挿し餌を食べた後、
そのうにごはんと空気が混在して膨れた状態のような感じに。

ユキ(4)

ここからぷく~~っと皮膚が膨れてた。

今回は院長先生担当

新たな毛引き箇所を伝えて、触視診念入り中、
『あ!これは皮下気腫だ

カメラで写真を撮り始めた院長先生。
『わりと珍しい方です

ユキの場合、長い間の多飲によるそのうの重みや膨れもあり、
原因がわからない。

注射針挿して空気を抜く処置が施された。
なかなか抜けず、3回目は少し大きな穴を開けた。
ところが保定して触視診再開したら、
今度はそこに何かしらの内容物が出現。

『え
向きを変えたらその後出て来ない。
『う~~ん、何だろう

空気を抜いた注射内に若干の水分が入ったので顕微鏡で見たら、
『真菌やらちょっと菌があるんです
ただし、食べ物ではないようで
そのうからの内容物の漏れとは考えにくいとのこと。

現在、投薬は抗生剤入り。これで菌が居るのがおかしい。
なので抗生剤強化で様子を見ることに。

また空気がたまったり、内容物が出現したら
早めに通院。
最悪の場合、麻酔して切開し原因箇所を手術することになる。

8歳だし、手術のリスクを考えてたら
ハイジの入院を思い出して帰りの運転中に泣けてきた


セキセイガールズ

先月半ばの画像。

よくよく考えたら、こんなとこにそのうがあるわけないわね
と院長先生と話したけど。。。
そのうと思い込んだ飼い主がアホだった。

ユキの闘病生活はまだまだ続くのね。
飼い主しっかりせやっ
関連記事
☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓




コメント

かずさんへ
おはようございますv-281

どんな形であれお別れは来るんだけど、
ハイジの最期がトラウマになってしまってますv-406
あと14回も体験しないといけない・・・

原因がわからないので、
今は投薬と空気を抜くための通院が余儀なく。。。
今日も通院確定ですv-436
No title
泣けてきますよね…。
私もクーちゃんの時、病院に連れて行って、このまま死ぬのを待つしかないと思うと待合室で涙が出てきました。
お腹に水が溜まっていて、抜いたらすぐ死ぬかもしれないと言われると抜いて下さいと言えず…。
ピーチの時も腫瘍があっても私は手術とは考えられなかったです。年齢もそうだし、小鳥の手術は犬猫より難しいので…。
なんとか薬で治まればいいのですが…。
うちももうあと何年一緒にいられるのかと思うと辛いv-406

コメントの投稿

非公開コメント