皮下気腫再発で通院・新たな疑惑

 ユキちゃんは今日がお迎え8周年
いろんな病気(?)を抱えてるけど、がんばって飼い主を遊んでくれます

右側

18日に空気を抜いてもらったのも束の間、
翌日の夕方放鳥時にはまたまた空気が・・・

すぐに溜まる子もいて、再発しやすいとは言われてたけど、
まさか翌日だなんて

でもさ・・・
何か場所が首に近くない前はもう少し翼寄りだったはず。
新たに範囲が広がったのか

左側

反対側もだよ
矢印の先の白っぽく膨れた部分と皮膚の境目がわかりますよね

夕方発見したので、すぐに病院へ行きたかったのだけど、
祖母がデイサービスから帰宅で、ひとり置いては、
長時間の外出が出来ない

近くにいる母(祖母の娘)を呼ぼうかと思ったものの、
ユキの膨れた部位は空気のみのようで緊急性はあるのか?と迷いに迷い・・・
翌日の朝に病院と決めた。

触視診の際、
前回に出現した内容物発見で院長先生、カメラ出動
さらに別部位にも小さな皮下気腫が

『とりあえず、空気を抜きましょう
『注射針でなく、レーザーで穴を開けます』

え???レーザー―???
手術とかでよく使うあのレーザー???
諭吉2枚しか持って来てないけど足りる???
あ、いざとなったらカードや・・・
意外に冷静(?)な現実的飼い主。

ユキちゃん♪

翼と首の間から袋状のものがはっきりと・・・

施術後の院長先生の見解
空気が漏れる事は置いといて・・・

内容物は何かの膜のようなもので、
皮下の内側に何かの膜が入り込んでる=2重袋状態。
そのうの肥大の結果、
そのう壁が細長くくねって皮下に入り込んだとしたら・・・
仮説

そのうが重くなって下垂することはよくあるので、
持ち上げるために胸筋と皮膚に縫い付けることはあるけど、
ただしそのうを切る、と言うのは問題外。
そのうは鳥さんにとって繊細な部位。

ユキちゃんの場合、
仮説として
そのうの変異で首やらに一部が脱出しているとしても
固定のために首の筋肉に縫いつけるなどは困難すぎる、あり得ない。
『人間の腸ヘルニアみたいにネットで脱出阻止とか?』
《あ~それが出来れば良いんですけどね~~

手術でどうにかすると言うことは出来ない。

『そのう肥大からくる圧迫で気嚢が破れたりしたのか?と思いましたが・・・』
《膜が入り込んでる位置からしてこの膜はそのうとも考えられます》

そのうが広がった(緩んだ)と思った飼い主のアホな思い込みも
もしかしたらアホでないかもしれないわ~

今、ユキちゃんは1日3回 各1.2~3gのごはんに、
PM9:30頃に1gのシード入りペレット。
ごはん量を各1g×5回にしたら
体重は維持出来るし、そのうへの負担が軽減され
そのう壁の脱出が少なくなるのでは?と提案してみた。

『大変だけど、それも良いかもしれませんね

手術回避が高くなった気がして気持ちが軽くなった単純な飼い主。
また空気が漏れたら通院。

ユキちゃんのために出来る事はやったるで~~

あ、ちなみにこの日は諭吉でなく、英世2枚で済みました

関連記事
☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓




コメント

かずさんへ
こんにちは~v-22

ちょうど待合室に座ったら後からコザクラちゃんを連れて来た飼い主さんが。
下関からはるばるやって来たそうで・・・
下関に鳥を診る病院がないと。
鳥さんをペットショップで売るなら
鳥をきちんと診る獣医師さんがたくさんいても良いのにねv-388
獣医科を新たに作るのではなくて、
そうそう!各動物の専門分野を作って単位化し、
鳥さんの研修受けた人が専門家と言われてるのであれば、
獣医師が余っているなら専攻科などの学ぶ場を作ったら、と
素人だけどそう思いますv-357

掛かり付けの院長先生は
TUBASAのセミナーで講師をしたことがあります。
横つながりでも鳥さんを診る獣医師さん仲間との意見交換、
学会での最近の見解などもお話してくれます。

写真を撮ったのもこの病院では
セキセイ初の皮下気腫&なぞの膜入りだったと思うんです。
これがまた獣医師さん方との意見交換となり、
新たな見解などを教えて下さると思いますv-426

レーザーを使ったのはなぞの内容物だったので
穴を開けないためだったかと・・・
今日のユキちゃんは気腫なしですv-392
No title
よくわからないなりにいろいろ見解を述べてくれる先生がいるって頼もしい…と思いました。広島でそんな先生いるしら…。

ツイッターで、或る病院にウサギを連れて行って結局「わかりません」で検査代5万越え。その後他の病院連れて行くと、その10分の1の値段で、或る病気ではないかということで薬を処方され快方に向かった…という漫画が載ってました。
ウサギも鳥と同じであまり診られる獣医が少ないらしいです。獣医科を増やすのはいいけど、エキゾチックアニマル科とか、それぞれの分野の専門の科を作るべきと思う。
普通の獣医は犬猫しかわからないなんて…。あれほどペットショップにいろいろな動物がいるのに?動物病院はこんなに沢山あるのに、鳥好きな人が獣医になって、独学で勉強するしかないなんておかしいです。エキゾチックアニマルに詳しい教授のゼミとかあればいいのですが…。

コメントの投稿

非公開コメント