FC2ブログ

精巣腫瘍と診断

ペーター(1) 

覚悟はしてました。
100%確信してました。

16日の朝、
いつものように体重をはかったら、前日より+2g、

体重管理してたのにいきなりのUP。
え???何で???
年始の1年予想は毎年、
高確率で的中する(知ってる人は知ってるよね)、
今回は外れて欲しかった。

同日、ペーターも他セキセイズと一緒に病院へ。

今回、院長先生担当。

レントゲンの映像は、
見事に骨が真っ白に写ってた。

『完全なメス化です』

精巣が大きくなっていて、
隣接の肝臓も押し上げられたか少し大きくなってた。

『精巣腫瘍です・・・』

幸いなことに、
背中やお腹表面への肥大や腹水もないことからか、
『もし手術するのなら・・・』
と某・鳥専門病院への紹介話を始めた。
正直なところ失敗例も多々ある。と、
術式やリスクも話された。

ペーターは8歳。今年の秋で9歳。
平均寿命からして老鳥の域。
年齢による高リスクを負わせるのは嫌だ。

まして遠方。
13羽のインコを置いて、家を空けるわけにはいかない。

飼い主は以前からもしもの場合を考えていたので

《緩和ケア主体でお願いします》

ハイジを腫瘍で亡くして以降、
発情対策には力を入れて来た、つもりも、
飼い主の管理が不十分だったね。

ペーター、ごめんね・・・

病院では平然を装ってたけど、顔に出ていたかも。
病院を出て車に乗り、
助手席にあるケージ内のペーターを見たら、
涙涙涙・・・

帰宅後も泣きっぱなし

狙い定め中

放鳥すると床に落ちてる食べ物を探すペーター
飼い主の近くに必ず居る。
↑ 飼い主=ごはん係

おいっ(^^;

ペーターはどんだけお腹空いてても
他の子がこんなことしても、真似しなかった

ペーターのろう膜変色は15年7月~。
放鳥中は遊ばず、ご飯探しに必死な姿は17年11月~。
シャチホコが顕著になったのは17年12月~。
17年の1年間はろう膜の変色は元に戻らず。

メス化行動が見られたら病院へ、と言われてたけど、
定期的に通院してたら100%精巣腫瘍は回避出来たのか???
11月、病院へ行ってたら精巣腫瘍は回避出来たのか???

メス化行動が出たら時すでに遅し、なのではないか?

毎月通院と発情抑制剤投与開始。
精巣腫瘍でも長生きしてる子もいる。

飼い主!!!
悲観してる場合じゃないんだよっ
自分を責めてる場合じゃないんだよっ
しっかりせんかいっ

関連記事
☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓




コメント

うっさんさんへ
おはようございますv-281

私の出産はすべて帝王切開。
初手術時は、麻酔が効きすぎて母子ともに死ぬかと思ったほど。
小鳥は術中の万一が多いような気がします。
病気にさせてしまって申し訳ない上、
手術で命を落とすなんて耐えられない・・・

ペーターが少しでも体の負担が軽く、
楽しい毎日が過ごせるよう、
飼い主、がんばりますv-91
わたしも、手術より、みんなの愛情たっぷりの世界で、すごして欲しいです。

自分自身が、麻酔手術を、受けるとき、このまま目が覚めなかったら、ばっかり、考えてました。

だから、鳥さんは、なおさら、手術台なんて、嫌にきまってます。

人間は、人間に、説明してもらい、人間に、切ってもらっても、怖いのに。。

小さな小鳥は、手術しないと、治らないのなら、それは、寿命だと思います。

ペーターが、なるたけ、くるしまず、、いっぱい、これからも、みんなと、いっぱい、時間を、過ごせますように。
かずさんへ
こんにちはv-22

一か八かの手術は危険すぎて恐ろしいです。
ハイジ入院で同日・・・はほんとに辛かった。
だからペーターも今後、悪化しても入院させず、
看取りはみんなの中で、と決めてます。
まだ今のところ足の麻痺(腎臓転移)もないので、
見守って行きます。

ピッチーも次回通院時に一緒に連れて行き、
レントゲン撮ってもらおうかと。

めざせ!10歳!!!
No title
年始から辛いですね…v-409
私はクーちゃんの時は病院で泣きました…。ピーチは先に悪化の状態で覚悟はできてたのですが。

私も緩和ケアを選びます。実際そうしてきましたが…。もし20年30年生きるインコなら考えられるかもしれないけど、もう既に老鳥ですし。万が一手術でお別れになったらそれも辛いです。
例え精巣腫瘍じゃなかったとして、老衰だとしても、10年生きれば長生きの部類かと思います。勿論、もっと長生きの子は沢山いますけど。
うちは今迄10年超えた子がいませんでした…(もしかしたらまだ長生きできた子がいたかもしれないのに親の間違った判断で長生きさせてあげられなかった子もいて…)。
もっともっと短命の子もいますから…。
病気でも、少しでも長く、幸せに生きられればと思います。ユキちゃんだって、ずっとあんな状態で頑張ってるし。

コメントの投稿

非公開コメント