FC2ブログ

老化を見守る日々

ピッチー(1)  
相変わらず隣の部屋へ徘徊脱走する

ピッチーじぃは今回通院でなく投薬のみ頂いて来た。

前回通院時以降、
ろう膜の色も変わらず、お腹が膨れるとかもなく・・・
換羽中でもあったので、
なるべくストレスを与えないようにとの配慮。

ピッチー(2)

捕獲拒否の逃げる元気はあるんかい

換羽で体重が30gと減ったので、
シード混にして31~31.5gをキープ。

前回通院時の触診では、

確かに痩せぎみになって来てるけど、
問題にするほどでない、と言われ。。。

今回は口頭でピッチーの状態を説明。

投薬が始まったこの一か月間も、
放鳥中は脱走しない限りは、
一定の場所にてまったりしてて、
みんなが一斉に飛び回っても驚くことなくまったり。

《体力温存なのかなぁ

ただ、フンの大きさや量が正常?になって来たような・・・
薬が効いてるのかも。
と、これを伝えるのを忘れた

ピッチー(3)

放鳥中、いきなり飛んでくと、
「心臓に負担が掛かるから飛ばんでーー

無理よね(笑)

他の子から追い払いに遭うと、
「年寄りいじめせんよーー

高齢鳥の見守りは続く


と、ここまでは下書き保存(掲載画像は3月13日撮影)でした
画像が暗いのではっきりとは見えませんが、
ろう膜の色はこれまでと変化なしでした。

あら???

↑3月16日画像。

向かって右側のろう膜のベージュ色の範囲が広がったような。
怪しい雰囲気

ここ2,3日は放鳥中、わりと飛び回る。
そしてさえずってる

ダラダラ換羽のようで、肝臓への負担を懸念中

高齢鳥の見守りは
さらに強化しながら続く


関連記事
☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓




コメント

うっさんさんへ
おはようございますv-22

ピッチーじぃは老いてく段階から
胸元のブルーが少し薄くなって来たような気がします。
今、翼表面の羽が抜けてるので、
温度はきっちりと管理中です。
寒暖差が血圧に響くのは私とお・な・じ(笑)

ヨーゼフちゃん・・・
いずれまたUPしますv-190
ピッチー、じいさん、なんか、毛並み綺麗になってますね❣️

あれから、ヨーゼフちゃんの、避けた感じは、続いてるのですか?

コメントの投稿

非公開コメント