「多飲多尿症 」カテゴリ記事一覧


皮下気腫発覚!最悪の場合手術ですってーー!!!

昨日、セキセイズの通院でした。
タイトルの通り、飼い主は軽く頭が混乱

皮下気腫とは
気嚢が外傷など何らかの理由で破れたり穴が開いたりして、
皮下に空気が漏れて膨れること。

ユキ(1)

10月21日でお迎え8周年を迎えるユキちゃん
多飲多尿に毛引き、そして今回は皮下気腫

ユキ(2)

そのうのデカさは相変わらず

ユキ(3)

ここ数週間で新たに抜いた箇所。
そして白い丸印のあたりの皮膚の膨れが頻繁に。
時々、内容物が見られたので、
とうとうここまでそのうが広がった(緩んだ)のか、と思ってた
ひなっぴが挿し餌を食べた後、
そのうにごはんと空気が混在して膨れた状態のような感じに。

ユキ(4)

ここからぷく~~っと皮膚が膨れてた。

今回は院長先生担当

新たな毛引き箇所を伝えて、触視診念入り中、
『あ!これは皮下気腫だ

カメラで写真を撮り始めた院長先生。
『わりと珍しい方です

ユキの場合、長い間の多飲によるそのうの重みや膨れもあり、
原因がわからない。

注射針挿して空気を抜く処置が施された。
なかなか抜けず、3回目は少し大きな穴を開けた。
ところが保定して触視診再開したら、
今度はそこに何かしらの内容物が出現。

『え
向きを変えたらその後出て来ない。
『う~~ん、何だろう

空気を抜いた注射内に若干の水分が入ったので顕微鏡で見たら、
『真菌やらちょっと菌があるんです
ただし、食べ物ではないようで
そのうからの内容物の漏れとは考えにくいとのこと。

現在、投薬は抗生剤入り。これで菌が居るのがおかしい。
なので抗生剤強化で様子を見ることに。

また空気がたまったり、内容物が出現したら
早めに通院。
最悪の場合、麻酔して切開し原因箇所を手術することになる。

8歳だし、手術のリスクを考えてたら
ハイジの入院を思い出して帰りの運転中に泣けてきた


セキセイガールズ

先月半ばの画像。

よくよく考えたら、こんなとこにそのうがあるわけないわね
と院長先生と話したけど。。。
そのうと思い込んだ飼い主がアホだった。

ユキの闘病生活はまだまだ続くのね。
飼い主しっかりせやっ
☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



多飲と毛引きの温度管理

ユキちゃん

簡単に握れるユキちゃん

前回UP同様、ユキちゃんも通院でした

【復習:先月通院以降】
室温の温度が高い→多飲するので、
そこでお休みラック内ではケージ周辺と上部に
水を入れて凍らせたペットボトルをば

このひと月、ユキの多飲は現状維持。
毛引きも悪化しておりません

触視診では・・・
《あ~~水が・・・》

自咬や傷も見当たらず、
体重は30~31gをキープ中だけど、これ以上の体重減はOUT

はい承知しております
毛引き拍車して以降、体重維持のため、
夜もシロちゃん同様、ユキちゃんにもごはん

毛引きと多飲の温度管理について、院長先生と意見交換

毛引きで羽毛や綿毛がないので、通常は保温を考える。
しかしながら、ユキちゃんは365日多飲。
特に25℃を超えると多飲が顕著。
多飲による腎臓への負担を考えると
過度な保温はいかがなものか???

ユキちゃんにとって何を最優先すべきか・・・

飼い主としては
食滞と言う二次被害だけは
どうしても避けたい

今のところ、これで食滞も体重減もないし、
多飲も若干ではあるけど緩和している。
ならば、今後のユキちゃんの保温も
25~26℃キープで良いのではないか

ただしココ最近の寒暖差が10℃。
特に日中は30℃近い日もあり、
お休みする時間に温度が下がっておらず、
そんな日は500mlのペットボトル出動。
最低気温が20℃程度の時は、ビニールカバー。

微妙な調整に季節感はない・・・

これが絶対!!!と言う100%の正しい答えはない。
でも今、ユキちゃんは確実に生きてる
飼い主は全身全霊、ユキを守る





☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



夏の温度管理に試行錯誤

旦那の長ーーーーーーーーい連休が明けました
居ればケージ掃除等、手伝うのはありがたいのですが、
写真撮る暇を与えないのがちょっとね・・・

そんな連休の前にユキちゃんは通院して来ました。

換羽でお疲れモード

画像は7月27日分。
換羽真っ只中だった(と思う

急に吐き散らしたりと心配な中、
本鳥さんはケロッとしてたり・・・

毛引きは今のところ現状維持です。
多飲も抗生剤追加しようがしまいがたいして変わらず。
そこで毎日観察している飼い主の考えを
通院時に掛かりつけ医に伝えた。

ユキは気温26℃を超えると、飲量が増える
これまでいつも膨れてるからと、年中28℃設定としていた。

夏の日中の室内温度は28℃設定。
扇風機で風を循環させている。
ところが夜間はラックに全面カバーのため、
室内温度26℃設定でも中は28℃。
冷たい空気は下に降りるので上段のユキにはちと温度が高い。

そこで実行中の対策

ペットボトルに水を入れて凍らし、
タオルに包んでユキのケージ側と、天井に置く。
(2リットル×2、1リットル×2、500ml×2(2日分)を用意。)
上段に置くので中段もほんのり涼やか

これで平均温度は25~26℃。
夜間の水の減りが違~~う

保温は簡単だけど、夏の温度キープって難しいわぁ


《夏は温度管理が難しいけど、体型もまあOKだし、
いろいろと工夫されるのも良いですね

かわゆいねぇ

時々、カキカキさせてくれるユキ。

可愛いねぇ

飼い主はインコのためなら日々努力は怠らないヨ

☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



抗生剤は必須になったのか???

ユキちゃん

今月初めの通院は
インコたちはお留守番で飼い主だけ

通院予定にしていた日は、
紹介状を持って祖母を病院へ連れて行く日でもあり、
しかもこの日、台風直撃予想だった。
直撃はなかったものの、翌日は・・・

豪雨で動けず
我が家居住地区も、避難勧告→避難指示発令も。
幸い、被害等何もなかった。

インコたちがいるので一人の時は避難出来ない。
万一の時でも家から出ないよ

それでも翌日は晴れ間も出たので、
3羽連れて行こうか・・・と思ったけど、万一を考えると、
少しでも早く家に居てインコたちと一緒に居るべき、と、
取り急ぎ、薬だけ貰いに行った次第。

ユキの先月末の嘔吐は1回きりで治まったけど、
どーも、1日投薬無しだと翌日多飲勃発。

遊び場ケージ内ではあまり水を飲んでないようで、
夜の飲量が半端なく25cc完飲。

これでは遊び場ケージ開放(投薬無し)はいかがなものかと
週2➡週1と戻した。

先日の遊び場ケージ開放した翌朝、
見ると、頭に嘔吐の跡が・・・
で、これもこの1回で終了。

体重ダウンを警戒しているので、
夜間にごはんをあげるため、
多飲にペレットでそのうが満タンすぎて吐くの
それが抗生剤とどう結びつくのか

先月通院時に、
胃腸の動きに影響する何かがあるのではないか?
と言う一説もあり得るとのことで、
う~~ん

当面、ユキちゃんの抗生剤はカット出来ないな・・・





☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓



吐き散らしの跡が・・・

嘔吐物

矢印の先の赤いブツが点在
朝、カバーを外して発見。

真正面をなかなか撮らせてくれずで・・・
吐き散らしのブツはケージ網にう~~っすらと付いてた。

筆毛

換羽の後で、残り数本、開く前の筆毛。

毛引き

腿の辺りは皮膚が覆われて来たものの、
お胸以下は見事な地肌
せっかくの貴重な綿毛も抜いてます

ちょうどこの前日は、セキセイガールズの遊び場開放日。
(開放日は投薬なし)
室内でも25℃以上あったので保温なし。
温度は関係ないのかな?と思い、1日様子見。
特別膨れてじっとしてるとかもないし、食欲もある。
とりあえずケージにビニールカバー追加。
保温器具無し。

ユキの投薬には抗生剤も入ってるので、
たぶん、大丈夫だろうと、飼い主の判断で病院へは行かず。

その後、吐くこともない。

飲量が多い上、そこにご飯で、
いわゆる食べすぎ状態になり吐いたのかな・・・




☆ご訪問&最後までお付き合いいただきありがとうございます☆
インコだって大切な家族♪
応援ポチでうちのインコたちが喜びます♫
↓ ↓ ↓